ホーム > 立花 和宏

立花 和宏

名前 立花 和宏
カナ タチバナ カズヒロ
 

プロフィール

手技療法のE.B.M.を、世界で初めて数値で表すことに成功した技術の持ち主。 代替医療、民間療法、リラクゼーションに携わるセラピストの社会的地位向上のため、エビデンスに基づいた代替医療の普及と、全国統一「基礎医学検定」制度の確立に尽力する。(社)日本鍼灸療術医学会設立者。田園調布鍼灸療術院院長。 また、TACHIBANA ART-STYLEとして、絶滅危惧されている日本特有の伝統工芸である甲冑の存続を訴え、自身でも甲冑の製作を行い、オリジナルでは甲冑財布®なども作製している

このページのトップへ

著作一覧

伝説の療術師からセラピストたちへ

伝説の療術師からセラピストたちへ

セラピストとしてなすべきこととは

著者:立花 和宏
 
 

このページのトップへ