ホーム > BABYMETAL試論

BABYMETAL試論

BABYMETAL試論

人気脚本家が「プログラム」解析を通して、BABYMETALの魅力を味わい尽くす。17万字に及ぶBABYMETAL論!

著者 小中 千昭
出版年月日 2016/08/25
ISBN 9784862042859
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

長めの序文 
■Entry001~005
●プログラム批評01 『ド・キ・ド・キ☆モーニング』
●プログラム批評02 『いいね!』
■Entry006~012
●プログラム批評03 『君とアニメが見たい』
●プログラム批評04 『ヘドバンギャー!!』
●プログラム批評05 『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト』
■Entry013~018
●プログラム批評06 『BABYMETAL DEATH』
●プログラム批評07 『イジメ、ダメ、ゼッタイ』
●プログラム批評08 『Catch me if you can』
■Entry019~023
●プログラム批評09 『メギツネ』
●プログラム批評10 『紅月-アカツキ-』
●プログラム批評11 『おねだり大作戦』
■Entry024~031
●プログラム批評12 『ギミチョコ!!』
■Entry032~038
●プログラム批評13 『悪夢の輪舞曲』
●プログラム批評14 『4の歌』
■Entry039~042
●プログラム批評15 『Road of Resistance』
■Entry043~046
書き下ろし(附記)

このページのトップへ

内容説明

「BABYMETALの楽曲とステージ・パフォーマンスは、
切っても切り離せない一体化したものとなっている。
振付け込みで、その楽曲を私は〝プログラム〟と呼ぶ」――。

人気ブログ『BABYMETAL試論』を再構成し、さらに本書のために加筆、
17万字に及ぶBABYMETAL論です!

1st.Album全15曲(+α)の詳細「プログラム」論考だけではなく、
なぜ世界の人々を惹きつけたのか? 
SU-METALのヴォーカルワークの魅力や、
YUIMOAの「合いの手」の奇跡、
ワールド・ツアー2015でのアスリート性など、
幅広く、複合的な視点で記述されたEntryを収録。
BABYMETALの「見方」が間違いなく広がる1冊です。

このページのトップへ