ホーム > 荊軻と高漸離

荊軻と高漸離

荊軻と高漸離

二人の蛮勇は実らなかったが、迫り来る秦の脅威に立ち向かった二人の男たちの友情を描いた中国歴史長編小説。

著者 桐谷 正
ジャンル 文芸・アート > 文芸 > 小説
出版年月日 2001/07/23
ISBN 9784901226233
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体1,680円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 謀議

第二章 野辺の宴

第三章 荊軻の苦悩

第四章 樊於期の死

第五章 易水の風

第六章 壮挙

第七章 下都城の陥落

第八章 高漸離と筑 

このページのトップへ

内容説明

秦の始皇帝暗殺に賭けた男たちの物語

燕の太子丹から始皇帝暗殺を依頼され、一振りの匕首を携え易水を渡って行く荊軻。鉛を入れた古代の楽器・筑で始皇帝に打ちかかった高漸離。二人の蛮勇は実らなかったが、迫り来る秦の脅威に立ち向かった二人の男たちの友情を描いた中国歴史長編小説。

文芸評論家・清原康正氏絶賛!

このページのトップへ