ホーム > GLAY 1994~2003

GLAY 1994~2003

GLAY 1994~2003

ロックシーンに数々の金字塔を打ち立ててきたその栄光の軌跡と素顔の青春物語

著者 金子 健
ジャンル 芸能(RECO BOOKS) > アーティスト・アイドル
シリーズ RECO BOOKS > 読み物
出版年月日 2003/11/27
ISBN 9784901226646
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,100円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

プロローグ

1章 疾走 GLAYロード「心の結束」
“自分たち流”/GLAYの原点/プロへの旅立ち/4つの個性の結束/筋書きのないドラマ/ドラマーが固定しない!/声なきTAKUROの苦悩/冷徹なスタッフ・ワーク/黒衣の嗅覚/黄金のトライアングル

2章 生みだす力 自分たちの音を求めつづけて
自信作の惨敗/チャート1位までのイバラの道/“心の名盤”が生まれるまで/500万枚という奇跡/もっと上へ/ここではない、どこかへ/不可能を可能にするもの/再構築へ

3章 心に響け! ライブロードに刻まれた願い
心を開いて…/やっかみが渦まくなかで/スタッフとの500日/“弱いところ”も歌にしたい/地鳴りのような歓声につつまれて/壁/原点回帰/DO THE BEST/20万人の目撃者/新たなるビジョン

4章 GLAY4本の源流 幼き心に炎が燃えさかるまで
[TAKURO]GLAYの“志”を育んだもの
 母の歌声/一生懸命に…/ジョン・レノンがくれたもの/GLAYが産声をあげた
[TERU]笑顔のまわりにみんながいる
 絵でみがかれたテコの感性/初めてのTAKUROの部屋/スポーツはダントツ!/俺が叩きましょうか!?/テコの笑顔がそこにある
[HISASHI]心の震えからすべてははじまった
 転校少年が心を開いたとき/音楽へと導いたもの/唸るギターに叫びを聞いた!/“HISASHIマン”はパンクが好き/TAKUROって、凄い!
[JIRO]小っちゃな少年の心に熱き魂が宿り
 父親から受けついだ“血”/ギターがJIROを変えた/体がシビレる~/「わかった」という父親のひと言

■A CHRONOLOGICAL LIST OF GLAY

このページのトップへ

内容説明

10年という節目を迎えるメガバンドGLAY。

ロックシーンに数々の金字塔を打ち立ててきたその栄光の軌跡と素顔の青春物語 

このページのトップへ