ホーム > 呪いの都市伝説 カシマさんを追う

呪いの都市伝説 カシマさんを追う

呪いの都市伝説 カシマさんを追う

三日以内の晩、話を聞いた人の元に現れる……呪いの都市伝説「カシマさん」を巡る3つの謎を暴け!

著者 松山 ひろし
ジャンル 文芸・アート > 文芸 > 評論
サブカル・心理 > サブカル
出版年月日 2004/11/25
ISBN 9784901226851
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

序 章 貞子と「彼女」

第一章 「都市伝説」との出会い
「不気味な声」の正体/はじめての「足はどこ?」/インターネットに生きる/「現代奇談」開設 数々の証言

第二章 「カシマ包囲網」結成
「青山葵」と「きもちの悪いもの」/25人のカシマさん/3つの謎/「Urban Legends」の閉鎖 /正体を追え!

第三章 「神の呪い」考
鹿島様の噂/新情報「戦時流言」/軍神という仮面/「鹿島神宮」探訪/「1972」という年

第四章 「四肢欠損の呪い」考
「君は取り憑かれるよ」/「踏切事故伝説」の変遷/切断のイメージ/噂の混合

第五章 「兵士の呪い」考
戦争の影/忘れ去られた男たち/「サクラ・サクラ」と鹿島様 /9分の1の存在

第六章 「女たちの呪い」考
62人のカシマさん/口裂け女の本名/火傷型カシマさん/原爆少女と整形オバケ/「ロクなことにはならないぞ」/四谷怪談に見る伝染

第七章 「カシマさん撃退法」考
「問答型」とは何か?/「呪文型」とは何か?/逆さま怪談「僧文是」/話型の変容

第八章 カシマさんの眷属たち
「キジマさん」と関西/「カヤマさん」とリカちゃん人形/「足取り美奈子さん」の執着/「足売りババア」か、友人か?/「アシオルカ」と鎌しのび寄る「おかむろさん」/「田中さん」という怪異/「ババサレ」変遷/「紫の鏡」とバレリーナ/「イルカ島」のルーツ

第九章 「北の呪い」考
12%の回答/札幌市苫小牧1―8―9/鹿島神社と1972/鹿島炭鉱と1972

第十章 「カシマさん誕生」考
鈴の音と幽霊/糸魚川小学校のパニック/「不幸の手紙」と「死神」/呪いという名のタブー/「平凡パンチ」と「巣別れ伝播説」

第十一章 さまよえる「カシマさん」
1999の完成型/「桐谷佐知子」の欠損/「ゲームの呪い」考/「テレビの呪い」考/「子どもたちの呪い」考

最終章 消えゆく町

このページのトップへ

内容説明

三日以内の晩、話を聞いた人の元に現れる……呪いの都市伝説「カシマさん」を巡る3つの謎を暴け!

①手足のない少女、ケロイド状の女性、自殺したバレリーナ……なぜ、話によって「姿」が違うのか?

②「口裂け女」「トイレの花子さん」「足取り美奈子さん」……「カシマさん」という名のルーツは?

③古代…近世…戦後…平成……なぜ現在まで、話は生き続けるのか?

このページのトップへ