ホーム > ネット投資家のためのやさしい実践テクニカル 売りの技術は儲けの技術

ネット投資家のためのやさしい実践テクニカル 売りの技術は儲けの技術

ネット投資家のためのやさしい実践テクニカル 売りの技術は儲けの技術

勝率8割の投資顧問代表が小難しいテクニカル分析活用法を極限までやさしく解説。

著者 出島 昇
宝徳 政行
ジャンル ビジネス > 投資 > 株式投資
出版年月日 2005/08/09
ISBN 9784901226981
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,450円+税
在庫 絶版
 

目次

プロローグ 欲をコントロールする技術がテクニカル分析である

PART1 儲けの技術を手に入れるための序論-買う前に“売り”をイメージしない投資では資産はつくれない

PART2 ローリスクを実現させる全体相場の読み方-楽勝相場と総手仕舞いのタイミングがトレンド分析で見える!

PART3 売りの技術を磨くやさしい実践テクニカル①-〈上昇トレンド対応篇〉相場攻略難易度 1~2
【事例研究[1]三菱東京FG(フィナンシャルグループ)】
【事例研究[2]東芝機械】

PART4 売りの技術を磨くやさしい実践テクニカル② 〈下降トレンド対応篇〉相場攻略難易度 3
【事例研究[3]三洋電機】
【事例研究[4]ニコン】

PART5 売りの技術を磨くやさしい実践テクニカル③ 〈保ち合い相場対応篇〉相場攻略難易度 4~5
【事例研究[5]東京エレクトロン】
【事例研究[6]日本軽金属】
【事例研究[7]三井鉱山】

PART6 売りの技術を磨くやさしい実践テクニカル④ 〈カラ売り入門篇〉
【事例研究[8]アドバンテスト】
【事例研究[9]丸山製作所】
【信用取引の基礎知識】

PART7 売りの技術を磨くやさしい実践テクニカル⑤ 〈柴田法則トレンド分析篇〉
【事例研究[10]日経平均株価(225種)】
トレンド分析のための最強のテクニカル「柴田法則」

巻末資料 やさしいテクニカル《ミニ解説辞典》
1 ①ローソク足の基礎の基礎②知っておきたい!ローソク足の形と意味③複数のローソク足の組み合わせ④酒田五法から学ぶチャート診断
2 トレンドライン一本で相場が見える
3 フシが見えると方針を立てやすい
4 リトレースメント、倍返しで目標値を探る
5 エリオットの波動原理を知っておこう
6 グランビルの法則で売り・買いを判断する
7 移動平均線と乖離率の読み方
8 出来高の増減と株価の動きには原則がある
9 信用倍率と、その変化をどう見るか
10 一目均衡表の基礎知識と簡単な活用法
11 ボリンジャーバンドって何だ?
12 最強のテクニカル技法「柴田法則」

このページのトップへ

内容説明

「あの時売っておけば…」とはもう言わせない!

勝率8割の投資顧問代表が小難しいテクニカル分析活用法を極限までやさしく解説。

“利食い”の決断とテクニックを全公開

このページのトップへ

関連書籍

株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式

株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式(電子書籍)

上昇・下降トレンドの見極め術

著者:ついてる仙人
 
株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式

株・日経225先物 勝利の2パターンチャート方程式(単行本)

上昇・下降トレンドの見極め術

著者:ついてる仙人
 
 

このページのトップへ