ホーム > 声で人を読む発想

声で人を読む発想

コミュニケーションで主導権を握る声の読み方、使い方

目次

第1章 声で、人は9割見抜ける
人は「声」によって、コロッと騙される/声を読むことで、わたしが勝ち取ったスゴい成果/声がわかれば九割型、相手もわかる/古代から伝えられてきた「声で人を読む」発想/「拒否的な声」の人ほど、商談が成立する可能性は高い/声が読めれば、こんな“戦略”が可能になる/大きな声、元気のいい声、明るい声にダマされるな/「棒読みしているとき」と「真摯に話しているとき」の声の違い/コミュニケーションは“声を読んで”こそ成立するもの/声は“その人”を反映している

第2章 声には、その人のすべてが表れる
「ウソを言うとき」に表れる声の特徴/感情がこもる前の「基準の声」を知る/声が「開く・閉じる」「高い・低い」かで相手の性格がわかる/[感情型」タイプは正論に弱い?/形式的にしか挨拶をしていない人の声/早口で喋る人は、「視覚優先」でものを考える人?/声で相手の性格を見抜くヒント/声の微妙な変化に注意せよ/声によって相手の心理を見抜く/「声に変化のない人」も要注意

第3章 実際に声を読んでみよう
ケース1 アナウンサーの声を読んでみる
アナウンサー的発声の“長所”と“短所”/「好かれる」ことを優先するか、「伝える」ことを優先するか/有名なニュースキャスターの声を読んでみる
ケース2 家族の声を読んでみる
親しいからこそ見過ごしてしまう声の変化/「自分の感情」にとらわれては、会話もすれ違うだけ
ケース3 上司の声・部下の声を読んでみる
部下や後輩の声に、どのくらい注意を払っているか/声によって「部下のタイプ」を見抜く/たとえば、このお客さまには、どんな声の営業担当をもってくる?/上司の声をどのように読むか
ケース4 営業マンの声を読んでみる
気持ちの入ってない声は、意識するだけでスグ感じ取れる/声の「人間らしさ」に注目する/「ダマそうとしている相手」を見抜く術
ケース5 お客さんの声を読んでみる
「好印象を与える声」と「悪印象を与える声」/「厳しい声」の顧客こそ大事にせよ

第4章 声で主導権を握る会話術
相手の心理を誘導する二つの声の戦略法/戦略発声法……声のグー・チョキ・パー/ペーシング……相手と同じトーンの声で対応する/「声の戦略」を親子間の会話に生かす…親子ゲンカにならない声の使い方/上司との会話に「声の戦略」を生かす…上司のわがままをどう交わすか/部下との会話に「声の戦略」を生かす…ブラフを使って部下にクギを刺す/ストロークによって部下のモチベーションを上げる/セールスパーソンに声を使い分けて対応してみる/顧客に対して「声の戦術」を活用する

第5章 声力を高めれば、効果倍増
呼吸を強くするトレーニング/姿勢をよくするトレーニング/アゴを柔らかくするトレーニング/「開いた声」を出してみる/「閉じた声」を出してみる/声のスイッチを切り替えるトレーニング(1)/声のスイッチを切り替えるトレーニング(2)/声を回すトレーニング/朗読のトレーニング/声の疲れをとるマッサージ

このページのトップへ

内容説明

声には、ホンネ・性格・心理すべてが表れる!

声研究の第一人者である著者が、声の読み方から使い方までを懇切丁寧に解説する。

対上司/部下、営業・会議・交渉……のビジネスの場に、また恋人や家族との日常会話にも活用できる最強のコミュニケーション術。

このページのトップへ

関連書籍

“アタマがいい”のに結果がついてこない人の逆転仕事術

“アタマがいい”のに結果がついてこない人の逆転仕事術

頭がいいのに結果が出ない人のための仕事術

著者:吉岡 英幸
 
ウザい奴の話はサッサと終わらせるに限る

ウザい奴の話はサッサと終わらせるに限る

ウザい奴らの話をさっさと終わらせろ!

 
 
こんな簡単な話が、なぜ通じないのか!

こんな簡単な話が、なぜ通じないのか!

“不機嫌な時代”の会話術

著者:福田 健
 
 

このページのトップへ