ホーム > ビートルズ 追憶の彼方

ビートルズ 追憶の彼方

Once there was a way

ビートルズ 追憶の彼方

ビートルズゆかりの地を世界中に訪ね歩いた著者の、集大成といえる渾身の一冊!世界初公開のビートルズ誕生直前の貴重な写真も掲載!

著者 福岡 耕造 写真
ジャンル 文芸・アート > アート
出版年月日 2011/09/17
ISBN 9784862041920
判型・ページ数 A5変・208ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 Liverpool ~The Home~

第二章 Hamburg ~The Topper Most The Topper Most~

第三章 London ~The Begining~

第四章 World Invasion ~On The Road~

第五章 India ~The Chill Point~

第六章 And In The End~Break Up~

このページのトップへ

内容説明

ビートルズ世代とは一世代下である著者が、ビートルズの音楽に心酔し、その時すでに解散してしまった伝説のバンド・ビートルズの幻影をひたすら追い続けて40年、世界中を歩きまわり、ファインダーにその景色を納め続けた。誕生の地リバプールをはじめ、ドイツ・ハンブルグ、ロンドンはもとより、アメリカ、日本、オーストラリアなどワールドツアーで訪れた地や、インドなど、世界各地のビートルズゆかりの地と、現地で見聞きしたエピソードをまじえたエッセイで構成。また、ジョンとポールがビートルズ結成前に活動していたバンド・クオリーメンのメンバーから提供された、クオリーメン時代のジョンのスナップ写真も掲載。ジョンがポールと運命的に出会う数時間前の写真であり、おそらく世界初公開となる貴重な写真であり、必見の一枚である。

 

【編集者より】
国内外で活躍する写真家・福岡耕造氏のビートルズゆかりの地を訪ねる本シリーズの4冊目。今回はラッキーなことに、編集作業中に世界的にも貴重な若き日のジョン・レノンの写真掲載が実現することとなった。ビートルズの歴史とともに、ビートルズがいた景色も時間の流れにさらされている。世界各地にあるビートルズゆかりの地の、その一瞬を切り取った写真は、これからビートルズを聞く新しい世代のファンにも、なにがしかの思いを抱かせるに違いない。

 

福岡耕造ホームページ

このページのトップへ