ホーム > 待ってました 名調子!

待ってました 名調子!

待ってました 名調子!

浪曲界を背負って立つ、熱い男!ご存知、国本武春、初の浪曲ガイド!待ってました!特別付録CD付『浪曲って、結構イケてる~!』

著者 国本 武春
ジャンル 古典芸能
古典芸能 > 浪曲
出版年月日 2012/01/17
ISBN 9784862042156
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 浪曲師、誕生前  
武春、誕生/父親/母も、浪曲師/小学校/海宝弘之との出会い/ブルーグラスとの出会い/寿ブラザーズ/演劇に挫折/浪曲との出会い/何を言っているのかわからない/浪曲師 

第二章 浪曲師、国本武春 
浪曲の稽古/初舞台は「浪曲名人会」/東家みさ子師匠/木馬亭出演/後見という仕事

第三章 あこがれの浪曲師 
四代天中軒雲月/初代東家浦太郎/松平国十郎/浪花家辰造/三代目玉川勝太郎/二代目篠田實/五月一朗/初代京山幸枝若/初代真山一郎/国友忠/二代目玉川福太郎
女流の先生方 天津羽衣/二代春野百合子
武春の相三味線 岩崎節子/沢村豊子

第四章 武春、はばたく 
お前、大変なところに入ったな/うたざいもん/うなって語って錦糸町/三味線ロック登場/エレキ三味線/移籍、そして海外公演へ/42歳の留学生/三味線ブルーグラス/帰国後、病気、そして……

第五章 浪曲、寺子屋
<図解>浪曲の舞台構造あれこれ/2分でわかる浪曲史/浪曲演題あれこれ/教えて、武春センセ!浪曲クエスチョン

第六章 特別付録CD「武春の声が聞けます」指南書 
浪曲って、けっこうイケてる~!!
節の種類
きっかけから道中付け ~「大石山鹿護送」より~/憂い節(愁嘆)~「瞼の母」より~/セメ~「赤垣源蔵徳利の別れ」より~/浮かれ節~「紺屋高尾」より~/バラシ~「英国密航」より~

名人たちの名調子
●関西節 「佐渡情話」 寿々木米若/「唄入り観音経」 三門博/「山内一豊の妻」 初代天中軒雲月
●関東節 「壺坂霊験記」 浪花亭綾太郎/「清水次郎長伝」 二代目広沢虎造/「天保水滸伝」 二代目玉川勝太郎

浪曲かけ声教室 「瞼の母」をお手本に

このページのトップへ

内容説明

空前の浪曲ブームに日本全国が湧いたのは幾歳月。今では浪曲に触れる機会が少ないという人が大多数。しかし、浪曲の世界で描かれる義理人情、熱い心を持った生身の人間の泥臭いドラマは、この不安定な現代を生きる私たちにピッタリくるエンタティンメントなのだ!今こそ、浪曲を知らなきゃもったいない。浪曲界のイケメンお兄さん、国本武春が満を持してお送りする、浪曲ガイドです!

かなりお得な特別付録CD付『浪曲って、結構イケてる~!』

 

【本文より】
「人間って捨てたもんじゃないよ。うまくいかないこともあるけど、みんなイイ線いってるよ」
浪曲には日本人の、人間の思いやりや勤勉さを褒めたたえる人生の応援歌がこめられているように思います。
”人間賛歌”ともいえる浪曲の心意気を残すことが大切ではないでしょうか。
こんな時代だからこそ浪曲が必要だ、と言われるよう、そして浪曲を楽しんで下さる人が一人でも増えますよう、これからも日々、精進してまいりたいと存じます(本文より)

 

【編集者より】
「浪曲」その字面だけで食わず嫌いの人、少なくないと思います。私もそうでした。国本武春先生に出会うまでは。斜陽と言われて久しい浪曲界にあって、体をこわしてしまうほど孤軍奮闘し続けている国本武春、初めての書籍です。浪曲という形を残すのではなく、浪曲の心意気を残すことが大切。その心意気とは何なのか、国本武春という一人の演者の生い立ちを振り返ると、自然とその入り口が見えてまいります。この上なくあったかくて、どうしようもないほど人間くさい浪曲が、今ほど必要な時はないのかもしれません。心に「グッ」とくる浪曲を、ぜひ。

 

うなるカリスマ!!国本武春

 


国本武春『待ってました 名調子!』(アールズ出版)刊行記念!
~浪曲とおしゃべりと本と炒り豚を愉しむ会~

 

出演:国本武春、沢村豊子

日時 2月25日((土) 開場13時30分~ 開演14時~

会場:浅草・水口食堂2F   地図

木戸銭:¥3,000(本、食事付)

窓口:℡03(5805)1781  アールズ出版

受付:2012年1月23日(月)11時より、上記の電話のみで受け付けます。
      *受付時間は、平日(月~金)10時~17時*



★ご注意★
・御代金は、当日、現地精算となります。
・事前に、『待ってました名調子!』をご購入の場合でも、当日のチケット代の割引等のご相談は承りかねますので、ご了承ください。
・当日は、水口食堂様の名物「炒り豚」をはじめ、揚げ物やお刺身など、軽食をご用意しておりますが、それ以外の飲み物などは別途、各自でご精算ください

このページのトップへ