ホーム > お知らせ > 桃田万里子×福博充:「トンペン×ジャニヲタ 私たちは何を見ているのか?」第4回

桃田万里子×福博充:「トンペン×ジャニヲタ 私たちは何を見ているのか?」第4回

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!

 

桃田万里子(以下・桃):SMって、SHINeeにしてもEXOにしてもどこかアイドルっぽい。BIGBANGのグループが所属しているYGという事務所があるんですが、アーティスト色が強くて、自分で曲をつくって自分でプロデュースしてというグループを多く輩出しています。性格的には尖っている人たちが多くて、コントロールされたというイメージはあまりない人たちです。ヴィジュアル的にも少し隙がある。それに対してSMの人たちは、あまり敵を作らないような言動を心がけているというか。礼儀正しさ、とか。どこか日本人好みなんですよ。「はにかむ」みたいな感じがすごくある。それが特徴かなと。「教育に力を入れている」ってしょっちゅう言っているんですけど、そういうコントロールされて育った的な感じ。

福博充(以下・福):ご著書は、最初は東方神起のアーティスト的な一面から始まっています。歌が上手とか。ああ、東方神起はアーティストなんだと思って、読んでいったら、最後あたりで、スタッフとダンサーによるステージ演出、裏方の話が出てきた。それで、ここはジャニーズと同じように総合芸術だ、と。ステージに立つ人とオーディエンス、そして事務所という三層構造がある。アーティストであると同時に、総合芸術という側面が東方神起にもあるのかな、と思いました。お伺いするにYGの方はどちらかというと〝オレオレ〟系で、何するにしても主体的にオレらが決めるんだ、と。でも東方神起の方ですと、SMという事務所の存在が絶対に外せない、オーディエンスというファンも欠かせない。そういうところは、私はけっこう好きです。

:なんでしょうね? 自分が関わるからですかね?

:この本の最後に「与えられた場所で必死に努力する」という一文があります。私も同じことを自分の本に書いたと思います。Jr.なんて本当に明日突然いなくなる。そんなこと普通にあるし、グループなんてパッと編成されてしまって――、私はThey武道というグループが好きだったのですが、いつの間にか宇宙Six(注)になっていた! ファンの中には元・They武道派がいるんです。これは〝They保守派〟と言っているんですけど、They保守派はやはり許せない、6人なった宇宙Six。でも宇宙Sixになっちゃったんだから仕方がない。宇宙Six にしてもそこで頑張ることでいい部分が出てくる、ジャニーさんの意向かは定かではありませんが、できちゃった運命は受け入れようと。そういうファンと一緒にいます。

:私は2人が出演しているドラマを全部見たことがないんです。ドラマイベントにも行きますけど、見ていないのでクイズも正解できず。外れても悔しくないし、当たっても嬉しくないし、ごめんなさい、本当に私、ここに来るべき人じゃない、と思いながら来ている。やっぱり私は「東方神起」が好きなんです。アーティストだけど、SM、スタッフ、私たちファンがつくっているその総合芸術みたいなものを愛しているんだろうな、と思う。与えられた場所で懸命に、っていう、私もたぶんそれが好きなんですよ。グループの中で何ができるのかとか、化学反応みたいなものを見たい。

 

【註】

宇宙Six:2016年発表されたジャニーズJr.ユニット。江田剛、山本亮太、林翔太、目黒蓮、原嘉孝、松本幸大の6人からなる。半数は元ジャニーズJr.ユニット「They武道」のメンバーだった。




次回続く

このページのトップへ

関連書籍

東方神起 ユニゾンの瞬間(とき)

東方神起 ユニゾンの瞬間(とき)

知られざる東方神起の魅力

著者:桃田 万里子
 
東大院生。僕、ジャニ男(ヲ)タです。

東大院生。僕、ジャニ男(ヲ)タです。(単行本)

ジャニーズにハマった東大院生(男)の8年

著者:福 博充
試し読み
 
 
東大院生。僕、ジャニ男(ヲ)タです。

東大院生。僕、ジャニ男(ヲ)タです。(電子書籍)

ジャニーズにハマった東大院生(男)の8年

著者:福 博充
試し読み
 
ジャニーズJr.お宝フォト白書 2012

ジャニーズJr.お宝フォト白書 2012

今をときめく人気Jr.総勢59人の素顔

著者:金子 健 編著
Jr.倶楽部 編著
 
 

このページのトップへ