ホーム > お知らせ > ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第1回

ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第1回




滝沢秀明(タッキー)が引退を発表し、注目を集めたジャニーズ。
モーニング娘。が今年20周年を迎え、新グループの結成も話題のハロー!プロジェクト。

今、追っていて面白い、このふたつの芸能事務所は「兼ヲタ」が多いといわれます。

2018/7刊行の『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』の刊行記念!

ジャニーズウォッチャーであり、ハロー!プロジェクトの現場にも頻繁に足を運ぶ、田幸和歌子さんと、モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみの軌跡に迫った『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)を出版したハロトラ店長さんの対談が実現!!

担当(推し)への愛が駄々洩れの、異色対談!!
(毎週金曜日配信予定)

目次

第1回   「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?(2018/10/05配信)
第2回   3年前のJUMP、今のJUMP(2018/10/05配信)
第3回   “うれしい誤算”がグループを飛躍させる(2018/10/12配信)
第4回   ジャニヲタとハロヲタはアイドルの見方が似ている?(2018/10/12配信)
第5回   “歌うま集団”こぶしファクトリーの魅力(2018/10/19配信)
第6回   ジャニー喜多川のクリエイティビティ(2018/10/19配信)
第7回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題1(2018/10/26配信予定)   
第8回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題2(2018/10/26配信予定)
第9回    メンバーを入れ替えて継続させるのか問題(2018/10/26配信予定)
第10回  現場の話(2018/11/02配信予定)
第11回 「(ハロプロの)全体がボヤッと好きなんです」(ハロトラ店長)
    「ジャニーさんが一番熱量を注いでいるところって、やっぱり見ていて面白いんですよ。そこについて行こうと」(田幸)(2018/11/02配信予定)

 

(プロフィール)
田幸和歌子
ジャニーズウォッチャー/ドラマ評論家。ネット・紙媒体問わず、ジャニーズ関連の記事を数多く執筆している。著者に『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』(アールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。サンデー毎日(8-19-26 夏季合併合)にて、Hey!Say!JUMPへ念願のインタビュー。いい子たちであることを再認識し、さらに応援に力が入る。

ハロトラ店長
プラチナ期のモーニング娘。のパフォーマンスに衝撃を受けて2011年よりハロプロファンに。2013年にはファンが集まれるお店『ハロー!トライブ』(https://www.hellotribe.jp)を秋葉原に開店。マツコ・デラックスや松岡茉優の出演したテレビ番組でたびたび紹介され、今や全国からハロプロファンが集まるBARのオーナー。著書に『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)。IT企業社長の顔も持つ。

 


  

第1回「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?
(2018/10/05配信)

田幸 初めまして。お店の名前は存じ上げておりました。一度入ってみたかったので、今日は楽しみにしておりました。よろしくお願いいたします。

ハロトラ店長 ありがとうございます。僕はジャニーズにはあまり詳しくなかったのですが、今回のためにお店に来るお客さんたちにいろいろ教えてもらったりして、「Hey!Say!Jump!」も勉強しました(笑)。本書も楽しく拝読しました。本の中では山田(涼介)くんの部分が多いですが、田幸さんは山田くんが担当(推し)なのでしょうか?

田幸 というよりやはり彼の物語が相当グループの物語のメインになっているので、必然的に山田くんの分量が多くなった経緯があります。

ハロトラ店長 道重(さゆみ)さんのようなものですね。どうしてもメンバーによって物語性の厚さに違いはあるでしょうからね。

田幸 そうですね。もともと山田くんがやっぱり人気で、知名度もあったので。

ハロトラ店長 『3年B組金八先生』に出演した子は八乙女光くんですかね。うちお店にもけっこう多くの兼ヲタのお客さんが来てくれますが、24、25歳くらいの方ですと、その頃の印象が強いみたいです。

田幸 ジャニとハロの兼ヲタですと、グループはどこ、メンバーは誰を兼ねている人が多いんでしょうか。

ハロトラ店長 ハロートライブの女性客では、大学生から30代前半くらいまでの方が、よくうちに来る年齢層ですが、世代的にはSexy Zoneが多い印象です。あと「Hey!Say!Jump!」もやはり多いかな? ちょうどこの間、もともとハロヲタだった地方の女性がジャニーズのファンになったらしく、ヲタ活の帰りに寄ってくれたことがあったんですけど、その方はもともとモーニング娘。のファンだったのが、去年の末のテレビ番組『ベストアーティスト2017』でSexy Zoneとコラボしたところから、Sexy Zone にも興味が行って、それでSexy Zone の誰だったかな? 「尊敬する先輩」がA.B.C-Zの戸塚(祥太)くんという子――。

田幸 じゃあ、佐藤勝利くんだ。

ハロトラ店長 そう! それでA.B.C-Zを見てみたら今度はそちらへ「ハマッてしまった」というお客さんでした。

田幸 そこまで行っちゃったんだ。いきなりジャニヲタ的にも一番ディープなところまで潜っていった感じですね(笑)。

ハロトラ店長 彼女が言うには、A.B.C-Zは全然テレビに出られないのだけど、もともと舞台とかそっち系がメインなので、しょっちゅう東京へ見に来ているんだそうです。お店の性格上、あまりジャニーズの話にならないので、実際は僕が把握しているよりもたくさんいると思います。ここ1、2年、ジャニーズさんと、ハロプロが上手くコラボするテレビ番組が多くなっていますよね。どちらのファンからも評判がとても良い。先ほどの例のようにハロプロからジャニーズに流れる人もいますが、圧倒的に逆のパターンの方が多い。僕、あれはハロプロの方が得していると思っています。ファンの絶対数が違うのでね、関ジャニ∞やSexy Zoneとのコラボ企画で、ジャニオタさんがハロプロを知って、兼オタになったと言うパターン。そうやって兼ヲタになったお客さんが言うには、ジャニーズにはシンメという文化があって、それが「まーどぅー」(*1)の概念と似ているらしくて、そこからハマッたという話もよく聞きましたね。

田幸 「まーどぅー」に重ね合わせて語られてきたのがV6の「剛健」。森田(剛)くんと三宅(健)くん。そこを兼ねているファンはけっこういるんですよ。でも工藤(遥)さん、もう卒業しちゃいましたけどね……。

ハロトラ店長 そうですね。ジャニーズは卒業がないので、そこがハロプロとの大きな違いですね。ハロプロはいつか卒業しないといけない。活動中は恋愛禁止ということになっているみたいなので、僕、卒業後はおおいに恋愛してほしいと思っています(笑)。いつかは普通の女性としても成功しないといけないわけですからね。とにかくハロプロには卒業が前提にあって、いつかいなくなる、そして誰かが入ってくる。そうやって回転していく。ジャニーズはグループができたら、ずっと同じメンバーのままで、新たにメンバーが加わることはないですもんね。

田幸 それは、そうですねぇ。CDデビューにあたって、新規メンバーが加わったり、既存のJr.ユニットから選抜されたりして作られることが多いですから。JUMPなんかまさにそうですけど、既存のグループを解体して作られ、デビューから漏れるメンバーがいることもあって、最初はちょっと風当たりが強いところなんてケースもあります。

ハロトラ店長 主要メンバーが選ばれたのはYa-Ya-yahとJ.J.Expressでしたっけ? JUMPにリーダーはいるんですか?

田幸 いないんですよ。表の看板はずっと山田くんで、グループを引っ張ってきたのも山田くんに見えます。リーダー的な役割は、年上の薮(宏太)くんですが、“包容力系”で、グイグイ引っ張るというよりも優しく包み込む。優しいお兄ちゃんタイプですね。

ハロトラ店長 JUMPは外から見ると、歌やダンスがうまい子がいたり、俳優として活躍する子がいたり、バラエティで光る子がいたりという感じで、メンバー内の役割が上手くいっているように見えます。ファンの人たちも、たぶんそういうところにグループの魅力を感じているんじゃないかという気がします。

                                     

*1 まーどぅー モーニング娘。10期の佐藤優樹と工藤遥の2人を指す呼び名。対照的な名コンビぶりで、ファンから絶大な人気を博していた。


次回続く

このページのトップへ

関連書籍

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMPの9人の軌跡

著者:田幸 和歌子
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(単行本)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(電子書籍)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 

このページのトップへ