ホーム > お知らせ > ジャニーズとハロー!プロジェクト ~はまると一直線!“兼ヲタ”の世界~第2回

ジャニーズとハロー!プロジェクト ~はまると一直線!“兼ヲタ”の世界~第2回




滝沢秀明(タッキー)が引退を発表し、注目を集めたジャニーズ。
モーニング娘。が今年20周年を迎え、新グループの結成も話題のハロー!プロジェクト。

今、追っていて面白い、このふたつの芸能事務所は「兼ヲタ」が多いといわれます。

2018/7刊行の『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』の刊行記念!

ジャニーズウォッチャーであり、ハロー!プロジェクトの現場にも頻繁に足を運ぶ、田幸和歌子さんと、モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみの軌跡に迫った『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)を出版したハロトラ店長さんの対談が実現!!

担当(推し)への愛が駄々洩れの、異色対談!!
(毎週金曜日配信予定)

目次

第1回   「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?(2018/10/05配信)
第2回   3年前のJUMP、今のJUMP(2018/10/05配信)
第3回   “うれしい誤算”がグループを飛躍させる(2018/10/12配信)
第4回   ジャニヲタとハロヲタはアイドルの見方が似ている?(2018/10/12配信)
第5回   “歌うま集団”こぶしファクトリーの魅力(2018/10/19配信)
第6回   ジャニー喜多川のクリエイティビティ(2018/10/19配信)
第7回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題1(2018/10/26配信予定)   
第8回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題2(2018/10/26配信予定)
第9回    メンバーを入れ替えて継続させるのか問題(2018/10/26配信予定)
第10回  現場の話(2018/11/02配信予定)
第11回 「(ハロプロの)全体がボヤッと好きなんです」(ハロトラ店長)
    「ジャニーさんが一番熱量を注いでいるところって、やっぱり見ていて面白いんですよ。そこについて行こうと」(田幸)(2018/11/02配信予定)

(プロフィール)
田幸和歌子
ジャニーズウォッチャー/ドラマ評論家。ネット・紙媒体問わず、ジャニーズ関連の記事を数多く執筆している。著者に『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』(アールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。サンデー毎日(8-19-26 夏季合併合)にて、Hey!Say!JUMPへ念願のインタビュー。いい子たちであることを再認識し、さらに応援に力が入る。

ハロトラ店長
プラチナ期のモーニング娘。のパフォーマンスに衝撃を受けて2011年よりハロプロファンに。2013年にはファンが集まれるお店『ハロー!トライブ』(https://www.hellotribe.jp)を秋葉原に開店。マツコ・デラックスや松岡茉優の出演したテレビ番組でたびたび紹介され、今や全国からハロプロファンが集まるBARのオーナー。著書に『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)。IT企業社長の顔も持つ。

 


  

第2回 3年前のJUMP、今のJUMP
(2018/10/05配信)

田幸 最初、厳しかったのは、山田くんにグループの顔としての仕事や個人仕事が集中してしまったことです。とにかく印象が強いので、仕事量や知名度の差がかなりありました。ハロプロ現場に行くと、そこまで歓声の差がないので良いなと思いますが、ジャニーズの中でも、特にJUMPは、以前は歓声の差がすごかったんですよ。同じ曲の中で、一人ひとりがセリフを言っても、山田くんだけが圧倒的人気すぎて、山田くんのときに叫ぶ心積もりでファンは見ているので、その前のメンバーのセリフは「助走期間」になっちゃうんです。絶叫するために息を溜めてる、むしろ吸い込んでいる!っっていう瞬間になっている(笑)。ツアーごとにグループのペンライトが作られるジャニーズと違って、ハロプロの場合はキングブレードを好きなメンバーカラーで固定するじゃないですか? だから何色が多いなとかは分かるんですけど、そこまでの声援の差というのは、私が行く範囲では感じないです。ファンの数が多くなくとも、それはそれで大きな声を張り上げて熱心に応援する。ジャニーズだと、ドームとか会場の規模が大きいので、声援の大きいメンバーと小さいメンバーの差というのが顕著に出てしまう。メンバー全員が個々に大きな声援を浴びる現在の状況に上ってくるまでには、みんなきつかっただろうと思います。

ハロトラ店長 メンバーが10人近くいると、人気の差がかなり出てくるのはしょうがないかもしれませんね。会場に出れば一目瞭然みたいなところもありますよね。

田幸 ただ、前著『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』を出した3年前と今回では、グループの状況は違っています。以前はそれこそ山田くん以外は「人数が多すぎて覚えられない」と言われたり、グループ全体が「子供すぎる」と言われていました。そこから少しずつ露出を増やし、これからJUMPがくるぞと感じる時期に前著を出したんです。『24時間テレビ』の効果や、『めざましテレビ』などで活躍している伊野尾(慧)くんのブレイクもあって、グループ人気が一度流行りモノ的に一気に上昇しました。今はそうした流行りモノ時期を過ぎて、「あ、『ヒルナンデス』の子!」とか「月9の『デート』に出てた子!」とか「『めざましテレビ』の子」などとメンバー一人一人の認知度が上昇し、グループ全体としても大きく底上げされた状況です。

 

――今、岡本圭人くんが留学で活動を一時休止していますが、メンバーが活動から抜けてしまうというのは、ファンとしてはどうなんですか? 

 

田幸 どんなに前向きな理由があったとしても、もちろんファンにとっては寂しいことです。ジャニーズはけっこうダメージが大きい気がします。

ハロトラ店長 それはハロプロでも大きいですよ。常にそこに至るまでの過程でファンが形成されているわけですから。やっぱり「誰ヲタ?」みたいな話になっていくなかで、その梯子をパッと外されるわけですから、オオ……となりますよね。事務所としても辞められるとやっぱり大変だと思います。ハロプロでは『ハロプロ研修生発表会』というイベントがあります。ジャニーズで言うジャニーズJr.の発表会みたいなもので、年に何回かあって、まだデビュー前の子をお客さんがお金払って見に行く。好きな人はデビュー前からずっと見ているんですよね。だから逆に言えば、研修生時代にだいたいどのメンバーがどのくらいのファンを持っているか、事務所は把握していると思うんですよね。ただグループの人気は単純にそのときのメンバー人気の足し算にはならないので、シンメとかカップリングとかそういう関係性でそれ以上の人気が出ることもあると思います。もちろん、パフォーマンスの成長性やメンタリティーの変化など、その変化の振り幅も人気の要因になる。そうやって愛でてきたメンバーが卒業するのは、メンバー本人としては考えた上でのことであっても、ファンにはなかなかにしんどいですね。

 

次回続く

このページのトップへ

関連書籍

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMPの9人の軌跡

著者:田幸 和歌子
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(単行本)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(電子書籍)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 

このページのトップへ