ホーム > お知らせ > ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第3回

ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第3回




滝沢秀明(タッキー)が引退を発表し、注目を集めたジャニーズ。
モーニング娘。が今年20周年を迎え、新グループの結成も話題のハロー!プロジェクト。

今、追っていて面白い、このふたつの芸能事務所は「兼ヲタ」が多いといわれます。

2018/7刊行の『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』の刊行記念!

ジャニーズウォッチャーであり、ハロー!プロジェクトの現場にも頻繁に足を運ぶ、田幸和歌子さんと、モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみの軌跡に迫った『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)を出版したハロトラ店長さんの対談が実現!!

担当(推し)への愛が駄々洩れの、異色対談!!
(毎週金曜日配信予定)

目次

第1回   「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?(2018/10/05配信)
第2回   3年前のJUMP、今のJUMP(2018/10/05配信)
第3回   “うれしい誤算”がグループを飛躍させる(2018/10/12配信)
第4回   ジャニヲタとハロヲタはアイドルの見方が似ている?(2018/10/121配信)
第5回   “歌うま集団”こぶしファクトリーの魅力(2018/10/19配信)
第6回   ジャニー喜多川のクリエイティビティ(2018/10/19配信)
第7回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題1(2018/10/26配信予定)   
第8回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題2(2018/10/26配信予定)
第9回    メンバーを入れ替えて継続させるのか問題(2018/10/26配信予定)
第10回  現場の話(2018/11/02配信予定)
第11回 「(ハロプロの)全体がボヤッと好きなんです」(ハロトラ店長)
    「ジャニーさんが一番熱量を注いでいるところって、やっぱり見ていて面白いんですよ。そこについて行こうと」(田幸)(2018/11/02配信予定)

(プロフィール)
田幸和歌子
ジャニーズウォッチャー/ドラマ評論家。ネット・紙媒体問わず、ジャニーズ関連の記事を数多く執筆している。著者に『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』(アールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。サンデー毎日(8-19-26 夏季合併合)にて、Hey!Say!JUMPへ念願のインタビュー。いい子たちであることを再認識し、さらに応援に力が入る。

ハロトラ店長
プラチナ期のモーニング娘。のパフォーマンスに衝撃を受けて2011年よりハロプロファンに。2013年にはファンが集まれるお店『ハロー!トライブ』(https://www.hellotribe.jp)を秋葉原に開店。マツコ・デラックスや松岡茉優の出演したテレビ番組でたびたび紹介され、今や全国からハロプロファンが集まるBARのオーナー。著書に『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)。IT企業社長の顔も持つ。

 


  

第3回 “うれしい誤算”がグループを飛躍させる
(2018/10/12配信)

 

田幸 グループでのデビューは、単純な足し算にならないという、難しさと面白さがありますよね。こぶしファクトリーなんか、出来たときは、浜ちゃん(浜浦彩乃)の人気で持って行くグループだったハズが、野村さん(みな美)が歌唱力でも人気でも意外な伸びを見せたっていうところが、こぶしの面白さですよね。

ハロトラ店長 野村さん、こぶしファクトリーでは今、一番人気じゃないですかね?

田幸 野村さんは、以前は、歌唱力ではそれほど目立つほうじゃなかった。やはり広瀬(彩海)さん・井上(玲音)さんあってのものだったのが、真面目な性格と熱心なレッスンによって、めきめきと力をつけて歌唱力が上がって、ダンス・パフォーマンスも格好良くて。グループでやっていると、思いがけないメンバーが伸びてくれるという面白さがあります。JUMPだとそれが伊野尾(慧)くんです。かつては画面でも見切れることの多かった伊野尾くんがこんなに新規ファンを連れてきてくれるなんて。しかも、彼はそのときどきにファンが見たいものを非常によく理解し、提供してくれているんです。

ハロトラ店長 この本に書かれていましたね。先ほどお話しした兼ヲタの女の子も「グッと来たのは、ここ1、2年ですよ」と言っていました。

田幸 これはうれしい誤算ですよ。

ハロトラ店長 誤算って(笑)。

田幸 昔から応援している伊野尾くんファンにとっては「私だけが分かる伊野尾くん」だったのに、こんなに人気が出るとは、という誤算。最新シングル『COSMIC HUMAN』のフォーメーションも、出だしは伊野尾くんと山田くんのフロントから始まっている。あまり気づきませんでしたが、この二人の声、意外と相性が良いんですよ。伊野尾くんは特徴的な声をしていますが、ピアノを習ってきただけに、音感があるので、合わせる巧さがあったというのは発見でした。
伸びるグループって、絶対、うれしい誤算があります。例えば嵐の大野(智)くん。もともと彼はパフォーマンスの要ではあり、歌もすごい上手かった。でもかつての嵐は、お茶の間的には松潤やニノが有名で、相葉ちゃんはジャニヲタ人気がすごく高くて、櫻井くんは家柄・学歴・顔立ちと揃っていて――大野くんはそこまで知名度がなかったんですよね。でも、嵐が世間で認知されつつあったときに、「歌の上手い子がいるぞ」「このイイ声、誰の声?」と歌番組でざわつかれたのが、ソロで踊っていた大野くんです。しかも、絵も上手い、ダンスも上手い、アーティスト気質というのが、続々と出てくる。SMAPが国民的人気となった要因にも、草彅くんが演技力で注目されたことがすごく大きかった。グループアイドルは、色々なことを計算して作られているはずなのに、計算外のところがあって初めて大きく飛躍する、というところはある。
モーニング娘。のまーちゃん(佐藤優樹)も、つんく♂さんはのぞいて、会社としては計算外の部分があったんじゃないかと思います。入るときにけっこう反対されたらしいという噂もありますよね。

ハロトラ店長 いや、そういうことがネットで囁かれることはありますけど、実際、どうだったのかは僕らにはわかりません。ただ、僕はオーディションの時から「佐藤さんは受かるな」という印象でした。当時はまだ、モーニング娘。のオーディションはテレビでやっていて、選考過程をファンに見せてくれてたんですよね。モーニング娘。を見ていて僕が感じていることは、そのメンバーの「素(す)」が多くの人に好感を持たれるかどうか。今のアイドルに必要な条件ってそこだと思っているんです。「素」の部分を出して嫌われるような子では、いくら可愛いらしい顔をしていてもずっと何かで表面を覆っていなければいけない。今はそういう作られたアイドル性の時代ではなくて、その子の「素」の部分を見て、みんなに勝手に好まれたり、癒されたりする人物を取りたいはず。僕はあのときの佐藤さんにすごく好感を持ったんですね。あんなに面白い子だと知ったのは入ってからですが、大正解でしたね。

田幸 しゃべると無邪気で、突拍子もないことを言ったりして、すごく面白いんですけど、一方で大人っぽくて、格好良くて、オーラがあるパフォーマンスをする。そのギャップには驚かされます。

ハロトラ店長 そうですね。僕もああいう色気を醸し出す方向に行くとは思ってなかったですね。どっちかというと、そういうことを嫌うタイプなのかなと思っていた。でも、全然、普通にやっていますからね。小田さくらさんの影響かもしれないですね(笑)。

田幸 ”天真爛漫“に見えて、しっかり考えていますよね。

ハロトラ店長 そう思います。ご存知のように彼女は思ったことを言語化するのがわりと苦手な方なんですよね。言語化するときに、ちょっと変な表現になっちゃって、それが個性的で面白いのですが、考えていること自体は真っ直ぐで、その時の彼女の年齢なりの可愛らしさ、その彼女の「素」が彼女の人気の根幹になっていると思います。

 

次回続く

このページのトップへ

関連書籍

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMPの9人の軌跡

著者:田幸 和歌子
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(単行本)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(電子書籍)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
モーニング娘。お宝フォトBOOK

モーニング娘。お宝フォトBOOK 軌跡

全21名の「娘。」たち。総力320カット

著者:金子 健 編著
チーム・MUSUME 編著
 
 

このページのトップへ