ホーム > お知らせ > ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第6回

ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第6回




滝沢秀明(タッキー)が引退を発表し、注目を集めたジャニーズ。
モーニング娘。が今年20周年を迎え、新グループの結成も話題のハロー!プロジェクト。

今、追っていて面白い、このふたつの芸能事務所は「兼ヲタ」が多いといわれます。

2018/7刊行の『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』の刊行記念!

ジャニーズウォッチャーであり、ハロー!プロジェクトの現場にも頻繁に足を運ぶ、田幸和歌子さんと、モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみの軌跡に迫った『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)を出版したハロトラ店長さんの対談が実現!!

担当(推し)への愛が駄々洩れの、異色対談!!
(毎週金曜日配信予定)

目次

第1回   「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?(2018/10/05配信)
第2回   3年前のJUMP、今のJUMP(2018/10/05配信)
第3回   “うれしい誤算”がグループを飛躍させる(2018/10/12配信)
第4回   ジャニヲタとハロヲタはアイドルの見方が似ている?(2018/10/12配信)
第5回   “歌うま集団”こぶしファクトリーの魅力(2018/10/19配信)
第6回   ジャニー喜多川のクリエイティビティ(2018/10/19配信)
第7回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題1(2018/10/26配信予定)   
第8回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題2(2018/10/26配信予定)
第9回    メンバーを入れ替えて継続させるのか問題(2018/10/26配信予定)
第10回  現場の話(2018/11/02配信予定)
第11回 「(ハロプロの)全体がボヤッと好きなんです」(ハロトラ店長)
    「ジャニーさんが一番熱量を注いでいるところって、やっぱり見ていて面白いんですよ。そこについて行こうと」(田幸)(2018/11/02配信予定)

(プロフィール)
田幸和歌子
ジャニーズウォッチャー/ドラマ評論家。ネット・紙媒体問わず、ジャニーズ関連の記事を数多く執筆している。著者に『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』(アールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。サンデー毎日(8-19-26 夏季合併合)にて、Hey!Say!JUMPへ念願のインタビュー。いい子たちであることを再認識し、さらに応援に力が入る。

ハロトラ店長
プラチナ期のモーニング娘。のパフォーマンスに衝撃を受けて2011年よりハロプロファンに。2013年にはファンが集まれるお店『ハロー!トライブ』(https://www.hellotribe.jp)を秋葉原に開店。マツコ・デラックスや松岡茉優の出演したテレビ番組でたびたび紹介され、今や全国からハロプロファンが集まるBARのオーナー。著書に『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)。IT企業社長の顔も持つ。

 


  

第6回 ジャニー喜多川のクリエイティビティ
(2018/10/19配信)

 

――本書は、ももち(嗣永桃子)がプロフェッショナルとして挙げられていますが、その存在は、ハローの中では大きかったですか?

ハロトラ店長 大きかったですね。彼女はすごく頭が良かったし、先生を志望していただけあって、後輩への指導力にもかなり優れていたんですよね。そういうふうにちゃんと両面が揃っている人は、なかなかいないんじゃないかと思います。

田幸 プレイングマネージャーの部分って、本人が表で見せているものと、違いますものね。

ハロトラ店長 そうですね。僕は、彼女のおもての部分に関しては、実は彼女の作り出した“かわい子ぶるキャラ”から、どこかのタイミングで普通にトークに絡んでいくキャラに変えたほうが得策だと思っていたんですよ。確かに彼女が苦労して作り上げたイメージが出来上がって、テレビでも、コンサートでも、そこにスポットが当たって、相手からいじられるように計算されていたと思うんですけど、芸能界で一人でやって行くとき、そこが邪魔になることもあるので、タレントになるには、そっちの方が広がりがあると思っていたんだけれど、もともと辞める気だったのか、と思ってですね。この本では、ももちと知念くんが対比されていますね。知念くんは何歳くらいからジャニーズに入っているんですか?

田幸 小学校のときですね。

ハロトラ店長 ああ、やっぱり英才教育だったんですね。JUMPはずいぶん前にデビューしたなっていうイメージがあるんですけど、まだ若いんですよね。

田幸 JUMPは小学校からやっている子だらけです。若くしてデビューしているので、これだけいろいろな経験を積んで、まだこの若さというのは、絶対的な強みだと思います。

ハロトラ店長 もう平成が終わっちゃうわけじゃないですか? 新元号になったときにJUMPは、平成時代の僕らから見た「昭和JUMP」みたいな名前になってしまって、なんかちょっと古くなっちゃうような……。そんな心配ないですか?

田幸 「平成をJUMPしていく」わけだから、終わるわけではない、むしろこれからなんですよ(笑)。それに、「全員平成生まれ」ということで、昭和世代から敵視されたことも少なからずあったので、ここから親しみやすさが増していくのでは。やっぱり今って、親近感を持たれないと難しいところがあるじゃないですか。以前は「ちっちゃくて生意気」みたいなイメージを持っている人もいたので、いい塩梅に年齢を重ねてきたと思うんです。ジャニーズってお茶の間的には、若手より大人グループの方が人気ありますからね。

ハロトラ店長 それは本当に思いますね。TOKIOとかSMAPとか嵐とか、日本で嫌いな人はいないんじゃないですかね? 一般に広く受け入れられている。すごいことだと思います。ただ熱量という点ではJr.のファンの人はすごいですね(笑)。うちのスタッフにJr.好きの子がいるんですが、もう日本全国を回っていますよ。2人いて、1人はこの間デビューしたKing & Princeの(永瀬)廉くん。デビューしたら、したで、大変そうです。もう1人は、なぜかどうしても名前を教えてくれないんですが(笑)。

Jr.はデビュー前から、グループをつくるんですよね? けっこうグループがいますね。あれはやっぱり全部がデビューできるわけではないんですか?

田幸 できませんね。

ハロトラ店長 それは厳しいですね。年に一組とか、そんなもんですか?

田幸 いや、続く時期もありますが、3年に1回とか4年に1回くらいです。キンプリは4年ぶりです。

ハロトラ店長 それは、かなり厳しいですね。だったらこう、まとめてひとつのグループにしたいという気持ちも分かります。メンバー選考はがジャニーさんの一存で決められているとすると、ジャニーさんのクリエイティビティで成り立っているわけじゃないですか。閃きというか。そうするとデビュー時の選考の経緯というのは、彼のクリエイティビティの経緯であったということになりますか?

田幸 まさにそうです。だから私は、次にどんな手を見せてくれるかというところに、ときめきを感じるんです。でも、Jr.ファンはどちらかと言うと、Jr.のユニットをあれこれ変えずに、そのままの形で経験して、デビューしていってほしいという人の方が数は圧倒的だと思いますよ。

――横からですが私はそっちです。そのままでいってほしいです。

ハロトラ店長 たぶん普通のファンはそうですよね。ハロプロで言ったら、デビュー時に、つばきとこぶしをごちゃ混ぜにして、又分けるみたいな、そんなことでしょう? それは確かに怒るファンも多いでしょうね。



次回続く

このページのトップへ

関連書籍

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMPの9人の軌跡

著者:田幸 和歌子
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(単行本)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(電子書籍)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
モーニング娘。お宝フォトBOOK

モーニング娘。お宝フォトBOOK 軌跡

全21名の「娘。」たち。総力320カット

著者:金子 健 編著
チーム・MUSUME 編著
 
 

このページのトップへ