ホーム > お知らせ > ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第7回

ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第7回




滝沢秀明(タッキー)が引退を発表し、注目を集めたジャニーズ。
モーニング娘。が今年20周年を迎え、新グループの結成も話題のハロー!プロジェクト。

今、追っていて面白い、このふたつの芸能事務所は「兼ヲタ」が多いといわれます。

2018/7刊行の『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』の刊行記念!

ジャニーズウォッチャーであり、ハロー!プロジェクトの現場にも頻繁に足を運ぶ、田幸和歌子さんと、モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみの軌跡に迫った『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)を出版したハロトラ店長さんの対談が実現!!

担当(推し)への愛が駄々洩れの、異色対談!!
(毎週金曜日配信予定)

目次

第1回   「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?(2018/10/05配信)
第2回   3年前のJUMP、今のJUMP(2018/10/05配信)
第3回   “うれしい誤算”がグループを飛躍させる(2018/10/12配信)
第4回   ジャニヲタとハロヲタはアイドルの見方が似ている?(2018/10/12配信)
第5回   “歌うま集団”こぶしファクトリーの魅力(2018/10/19配信)
第6回   ジャニー喜多川のクリエイティビティ(2018/10/19配信予定)
第7回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題1(2018/10/26配信予定)   
第8回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題2(2018/10/26配信予定)
第9回    メンバーを入れ替えて継続させるのか問題(2018/10/26配信予定)
第10回  現場の話(2018/11/02配信予定)
第11回 「(ハロプロの)全体がボヤッと好きなんです」(ハロトラ店長)
    「ジャニーさんが一番熱量を注いでいるところって、やっぱり見ていて面白いんですよ。そこについて行こうと」(田幸)(2018/11/02配信予定)

(プロフィール)
田幸和歌子
ジャニーズウォッチャー/ドラマ評論家。ネット・紙媒体問わず、ジャニーズ関連の記事を数多く執筆している。著者に『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』(アールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。サンデー毎日(8-19-26 夏季合併合)にて、Hey!Say!JUMPへ念願のインタビュー。いい子たちであることを再認識し、さらに応援に力が入る。

ハロトラ店長
プラチナ期のモーニング娘。のパフォーマンスに衝撃を受けて2011年よりハロプロファンに。2013年にはファンが集まれるお店『ハロー!トライブ』(https://www.hellotribe.jp)を秋葉原に開店。マツコ・デラックスや松岡茉優の出演したテレビ番組でたびたび紹介され、今や全国からハロプロファンが集まるBARのオーナー。著書に『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)。IT企業社長の顔も持つ。

 


  

第7回 2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題 1
(2018/10/26配信)

 

ハロトラ店長 ここ数年、ジャニーズとモーニング娘。がよくテレビ番組でコラボすることがあります。あれ、すごくいいですよね。とくに『関ジャム』の関ジャニ∞さん。最初(2015.10)はモーニング娘。のフォーメーションダンスの中に、村上(信五)くんと安田(章大)くんが入ったんです。2回目(2018.06)は村上くんと丸山(隆平)くんが出ていたんですけど、一緒に練習する風景が流れたんですよ。モーニング娘。がやっているところだけじゃなくて、彼らがすぐに対応できる凄さがよく分かった。

田幸 やっぱりジャニーズってさすがだな、っていうのはありますね。すぐに憶えるんだって。

ハロトラ店長 すぐでしたよ。しかも彼らの方が年上じゃないですか、練習に入るときに「よろしくお願いします!」って挨拶するんです。終わった後には「ありがとうございました!」と御礼を言う。ずいぶんと年下の彼女たちにも敬意を払っている様子がすごく伝わってきました。

田幸 そう言えば、モーニング娘。は今年20周年ですね。今は、パフォーマンス・エースが小田さくらで、人気・エースが佐藤優樹なので、そこはうまい具合に分かれていますよね。

ハロトラ店長 歌割の比重で言うと、小田(さくら)ちゃん、ふくちゃん(譜久村聖)、まーちゃん(佐藤優樹)、それと石田(亜祐美)さん。あとは本当にちょっとずつパートを担当する感じで、そういう意味ではあんまりいい状況じゃないかもしれないです。今言った人たちは、年齢的にも、期としても上の方なので、順番的にはもう卒業が近い方ですから。

田幸 12期以降が、なかなか育っていない感じですか?

ハロトラ店長 まぁ、歌わせれば何とかなると思うんですけどね。まだそこらへんが分からない。それに比べるとJuice=Juiceはいくらでもいる。(段原)瑠々ちゃんまで加入しましたからね。

田幸 でもモーニング娘。さんはテレビでも良いんですけど、やっぱりステージで見ると、あの群舞のフォーメーションはすごいじゃないですか。ジャニーズでも取り入れてほしいと思ったのは、天井のところに鏡があって、フォーメーションがちゃんと見られる演出です。それから、ハロプロの様々な現場に行ってみて、改めてすごいなと思ったのが、モーニング娘。さんだけ、足の筋肉が違うことです。この“群舞系”の人たちは運動量が違うんだろうなと思いました。

ハロトラ店長 あの上からの映像はわかりやすいですね。たしかにJuice=Juice などはヴォーカルグループという感じで、モーニング娘。ほどは踊っていないですよね。踊り過ぎると歌えなくなっちゃうだろうし。モーニングはあれだけ人数がいるので、フォーメーションにして前後を入れ替えないと、全員がカメラに映れないので移動も多くなるのかな。

――踊る系ですね。

田幸 みんなアスリートみたいな足をしていて、他のグループにはない特徴だと思いました。森戸ちゃんはカントリー・ガールズ(*4)から編入されたじゃないですか。カンガルはガンガン踊るタイプのグループではないので、疲れちゃって、ちょっとふらついていたのが話題になったことがありましたね。音楽番組に出ると、だいたい話題になるのは、石田さん。ダンスのキレがすごくて、めちゃくちゃ体育会系ですよ。

ハロトラ店長 まさにアスリートですよね。

田幸 ライブでもMCもあまりやらずに、ひたすらパフォーマンスを見せますね。

ハロトラ店長 やはりパフォーマンスは売りですからね。この間、ロッキンに出たんですが、ずっと踊りっぱなしだったそうですよ。大絶賛だったようです。ただMCは正直、まだすべる時もあるんで不安なんですよ(笑)。ハマるときはハマるんですが、オタクだけしかいないステージならまだしも、テレビでトークする時などはいまだに心配します(笑)。

田幸 私、個人的にはゆるいMCとかがない、ひたすらパフォーマンスするライブが好きなんですよ。

――KinKi Kids は……。

田幸 KinKi は別です!

ハロトラ店長 ウケる人たちはMCやったらいいんですよ。

田幸 ただの休憩タイムになっちゃうグループってありますからね。水飲みたいだけっていう。

ハロトラ店長 そうですね。彼女たちは頑張っているんです。なんとか面白くさせようと頑張っているぶん、スベるとこちらもつらいんですよ(笑)。そこらへんが上手く行っていたのが、カントリー・ガールズだったんですけどね。本当に面白くて。

田幸 あれは「ももち劇団」ですよね。必ずオチまで持っていきますから、カントリーを知らない人が初めて行っても面白い現場でしたよね。

ハロトラ店長 そうそう。集団芸にならないといけない。誰かがボケてそれを落とさないといけない。

田幸 だって、それこそ船木結ちゃんなんて、「ももち教育」でしっかりオチまで持って行くトークを学んできたのに、アンジュの子たちって、“そのまま”がグループカラーだから「結ちゃんはちゃんとオチまで考えてエライ――」って舞台裏をバラしちゃって――。

ハロトラ店長 ハハハハ。

田幸 そういう裏側を見せないところに、ももちは美しさを見出していたので、全部言っちゃダメじゃんっ!!て(笑)。

――同じハロプロでも文化が違うんですね。

田幸 そうなんです。そこはちょっと難しさがありますね。向いている方向もグループによって違いますよね。

ハロトラ店長 トークに関しては、今後のハロプロの強化ポイントでもありますね。またモーニング娘。の話ですが、テレビに出るときに今までは何しゃべってもいいから、とにかくしゃべろう、臆せずに目立とう、みたいな。まず新メンバーはそこがスタートでしたから。9期10期が加入したての時は、結局あまりウケずに貴重なテレビの全国ネットワークを無駄にしちゃうということも正直多かったんです。まだ中学生が多かったし仕方ないんですけどね。ただ『関ジャム』へ出たとき、まーちゃんが安田くんを「やしゅださん」と言っちゃって、爆発的にウケた瞬間があったんですよ。それでエイターさんが気になって検索してくれて、そこからモーニング娘。のファンになった人がけっこういたんですよ。

田幸 意外なきっかけなんですね。パフォーマンスだと、今のモーニング娘。が出ると、まず世間がビックリするのは、やっぱり石田さんなんですよね。ダンスが1人すごいキレッキレの人がいたという。

ハロトラ店長 この間のDA PUMP新曲『U.S.A.』でテレビ共演したとき――。

田幸 そう! まさに。全身バネみたいですもんね。あと小田さんも生で歌を聞くとすごいですよね。あれだけの歌唱力だったら、もっと外に出してほしいです。コメントも落ち着いていますしね。

 

*4 カントリー・ガールズ 通称カンガル。2014年11月より活動開始。当初のメンバーは嗣永桃子、山木梨沙、稲場愛香、森戸知沙希、島村嬉唄。小関舞の6名。2015年、船木結と梁川奈々美が加入。2017年6月には、事務所の新体制の移行のため、実質的に解体され、森戸、梁川、船木は他のグループに移籍した。

次回続く

このページのトップへ

関連書籍

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMPの9人の軌跡

著者:田幸 和歌子
 
KinKi Kids おわりなき道

KinKi Kids おわりなき道

KinKiKids〝ふたりぼっち〟の世界

著者:田幸 和歌子
 
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(単行本)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(電子書籍)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 
モーニング娘。お宝フォトBOOK

モーニング娘。お宝フォトBOOK 軌跡

全21名の「娘。」たち。総力320カット

著者:金子 健 編著
チーム・MUSUME 編著
 
 

このページのトップへ