ホーム > お知らせ > ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第9回

ジャニーズとハロー!プロジェクト ~ハマると一直線!“兼ヲタ”の世界~第9回




滝沢秀明(タッキー)が引退を発表し、注目を集めたジャニーズ。
モーニング娘。が今年20周年を迎え、新グループの結成も話題のハロー!プロジェクト。

今、追っていて面白い、このふたつの芸能事務所は「兼ヲタ」が多いといわれます。

2018/7刊行の『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』の刊行記念!

ジャニーズウォッチャーであり、ハロー!プロジェクトの現場にも頻繁に足を運ぶ、田幸和歌子さんと、モーニング娘。のリーダーだった道重さゆみの軌跡に迫った『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)を出版したハロトラ店長さんの対談が実現!!

担当(推し)への愛が駄々洩れの、異色対談!!
(毎週金曜日配信予定)

目次

第1回   「剛健」=「まーどぅ」は、ジャニーズにハマる導火線?(2018/10/05配信)
第2回   3年前のJUMP、今のJUMP(2018/10/05配信)
第3回   “うれしい誤算”がグループを飛躍させる(2018/10/12配信)
第4回   ジャニヲタとハロヲタはアイドルの見方が似ている?(2018/10/12配信)
第5回   “歌うま集団”こぶしファクトリーの魅力(2018/10/19配信)
第6回   ジャニー喜多川のクリエイティビティ(2018/10/19配信予定)
第7回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題1(2018/10/26配信予定)   
第8回   2人が思うモーニング。娘の凄さと、テレビ出て問題2(2018/10/26配信予定)
第9回    メンバーを入れ替えて継続させるのか問題(2018/10/26配信予定)
第10回  現場の話(2018/11/02配信予定)
第11回 「(ハロプロの)全体がボヤッと好きなんです」(ハロトラ店長)
    「ジャニーさんが一番熱量を注いでいるところって、やっぱり見ていて面白いんですよ。そこについて行こうと」(田幸)(2018/11/02配信予定)

(プロフィール)
田幸和歌子
ジャニーズウォッチャー/ドラマ評論家。ネット・紙媒体問わず、ジャニーズ関連の記事を数多く執筆している。著者に『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』『Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き』(アールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。サンデー毎日(8-19-26 夏季合併合)にて、Hey!Say!JUMPへ念願のインタビュー。いい子たちであることを再認識し、さらに応援に力が入る。

ハロトラ店長
プラチナ期のモーニング娘。のパフォーマンスに衝撃を受けて2011年よりハロプロファンに。2013年にはファンが集まれるお店『ハロー!トライブ』(https://www.hellotribe.jp)を秋葉原に開店。マツコ・デラックスや松岡茉優の出演したテレビ番組でたびたび紹介され、今や全国からハロプロファンが集まるBARのオーナー。著書に『道重さゆみという生き方』(メトロポリタン新書)。IT企業社長の顔も持つ。

 


  

第9回 メンバーを入れ替えて継続させるのか問題
(2018/10/26配信)

 

田幸 モー娘。さんはメンバーに入れ替えがあることで、老舗のブランドを新陳代謝させる形でいっていますね。でも、そのシステムが維持されているのって、モー娘。さんで、あとのグループは卒業はあっても、新陳代謝しているグループって、意外とないですよね? Juice=Juiceやアンジュルムのように加わって、抜けて、が始まったばかりのグループはありますけど。

ハロトラ店長 たぶん、事務所はまさに今、それをやりたいんじゃないかと思っています。おっしゃるようにBerryz工房や℃-uteなどは新メンバーを加えないで終わっちゃったんですね。ただ事務所は終わってしまって、困ったと思う。彼女らが抱えていたファンの多くは去ってしまったし、彼女たちが持っていた楽曲だって全部埋もれてしまうじゃないですか? いい曲が本当にいっぱいあるのに、歌い継ぐ人たちがいなくなってしまった。今Juice=Juiceとか、アンジュルムへ新メンバーをガンガン入れていますから、あれは“モーニング化”しようとしているというか、卒業して、加入して、を繰り返して“持続するグループ”にしようということですよね。

田幸 Juice=Juiceはちょっと「強い子」を集めている感じですよね。でも稲場(愛香)さんが強すぎる。私は稲場さんがすごく好きなんですけど、ただ、この子を入れちゃうと、全部この子のカラーのグループになりません?

ハロトラ店長 ハハハハ。

田幸 (宮本)かりんちゃんがどんどん追いやられてしまうというか。

ハロトラ店長 今、Juice=Juiceを売り出す準備をしているんじゃないかなあ。モーニング娘。は春と秋にホールツアーをずっとやっているわけです。そして千秋楽は武道館と。他のグループは? と言うと、Berryz工房と℃-uteは、ホールツアーをやれていたんですが、今、モーニング娘。以外はライブハウスツアーになっている。ですから、そういう意味では、どうしてもホールツアーをやれるグループを、あと2、3作りたいんですよね。

田幸 Juice=Juiceは武道館をやっていますよね?

ハロトラ店長 やっています。この秋も武道館公演があります。ただそれ以外の公演はまだライブハウスなんです。ライブハウスツアーが主体で、その合間に数箇所くらいホール公演があるという感じが多いです。そういう意味では「強い人」を入れて強いグループを2つ、まずはアンジュルムとJuice=Juiceを、普通にホールツアーができるようなグループにしようと。そういう気持ちはとてもよく理解できます。

田幸 私、稲場さんのドルドルしい、あざとい感じが好きなんですけど、この子が入ることで、もともとのJuice=Juiceの色は完全に変っちゃう。私はカントリー・ガールズが好きなので、稲場さんがJuice=Juiceへ行って、カントリーが実質消滅に近い状態になってしまったときはショックでした。もともと歌をメインにしていそうなグループにダンスメンを入れたのは、どうだったのだろうというのはちょっと思いますけどね。

ハロトラ店長 (稲場愛香のJuice=Juiceの加入は)僕は良かったと思いますよ。最初、稲場さんが喘息を患って、カントリー・ガールズを卒業して、北海道で限定活動みたいなことになったじゃないですか。今後、どうするのかなと思っていたんですけど、就職先?が決まってよかったなというふうに思います。あのまま北海道限定ではもったいない。カンガルはハロコンには出るし、完全消滅ではなく、年に1〜2回くらいは単独公演があります。以前のBuono!(*5)みたいな感じになったわけですね。

田幸 ああ、うーん……。

ハロトラ店長 これはBerryz工房や℃-uteを見ていて思っていたことなんですけど、メンバーを入れ替えないとリーダーはずっとリーダー、末っ子はずっと末っ子のままなんですよ。例えば℃-uteのまいまい(萩原舞)はずっと“妹キャラ”で10何年もやってきて、あれがすごくもったいなかったというか。いつかリーダーの矢島(舞美)さんが抜けて、まいまいがリーダーになって後輩のメンバーを率いるみたいな、彼女が末っ子からリーダーに代わるマインドチェンジのところ、個人的にはすごくエンタメを感じるんです。そこを見られなかったな、みたいな感じがある。

田幸 なるほど。

ハロトラ店長 Berryz工房と℃-uteのメンバーも、そしてファンも、自分たちだけで、彼女たちだけで最後までという気持ちは強かったと思います。ただ結成当初のモーニング娘。にも、それは絶対あったと思うんですね。でも新メンバーが入ることによって、結局は、「あの道重さんがリーダーになった!」みたいなね、そういうドラマが生まれるので、長い時間をかけることで、結構いいドラマを見せてもらえるんですよ。そういうところ、僕は好きなものですから、そこが見られなかったのは個人的には残念なんですね。まあファンとしては少数派だと思いますが、そういう見方もあると言うことで。ただジャニーズだったら、今あるグループに新メンバーなんか入ってきたらバッシングが起きるでしょうね。

田幸 でも、℃-uteが抜けた穴って、大きくないですか? パフォーマンス力がありましたし、“ちょっと大人なお姉さんたち”みたいな空気を醸し出していました。

ハロトラ店長 そうなんです。改めて今、℃-uteを見ると、ああいう大人のグループというのがハロプロからいなくなってしまったんですよね。

田幸 ハロプロの子たちはやや内向的というか、おとなしい子が多い印象があって。“クラスの一軍”感みたいな雰囲気を出すのが℃-uteさんだけだったんじゃないかなっていう気もしています。

ハロトラ店長 おっしゃりたいことはよくわかります。鈴木愛理さんがファッション誌のモデルをやっていたこともあって、女性ファンもすごく多くて、同世代の女の子の憧れみたいなところがあった。全体のパフォーマンスは圧巻、立ち姿は美しいのに、喋ると親しみやすい。そういうグループでしたね。岡井(千聖)ちゃんもいつからかバラエティに出るようになって、今ではいろいろなところで出演されてますね。

田幸 岡井さんは、あれだけ「バラエティの人」というイメージがあったのに、じつはすごい歌が上手いですよね? あれ、意外ですよね。

ハロトラ店長 そうなんですよ! いつかはテレビで見せてくれないかな、℃-uteを知らない人は、みんなビックリするだろうに。

 

*5 Buono!(ボーノ) 嗣永桃子、夏焼雅、鈴木愛理によるユニット。ハロコンなどの節目節目で登場し、異色のロックサウンドで鳴らした。2017年5月、単独ライブを開催して、活動終了した。



次回続く

このページのトップへ

関連書籍

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMP 9つの星、それぞれの輝き

Hey!Say!JUMPの9人の軌跡

著者:田幸 和歌子
 
KinKi Kids おわりなき道

KinKi Kids おわりなき道

KinKiKids〝ふたりぼっち〟の世界

著者:田幸 和歌子
 
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(単行本)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき

Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき(電子書籍)

Hey!Say!JUMP成長ストーリー

著者:田幸 和歌子
試し読み
 
 
モーニング娘。お宝フォトBOOK

モーニング娘。お宝フォトBOOK 軌跡

全21名の「娘。」たち。総力320カット

著者:金子 健 編著
チーム・MUSUME 編著
 
 

このページのトップへ