ホーム > お知らせ > 【歌舞伎】新刊 12月05日 「上方のをんな 女方の歌舞伎譚」

【歌舞伎】新刊 12月05日 「上方のをんな 女方の歌舞伎譚」

【歌舞伎】新刊 12月05日

「上方のをんな 女方の歌舞伎譚(しばいばなし)」 片岡秀太郎 著

定価1890円(税込)


心眼といわれた十三代目片岡仁左衛門の次男、片岡秀太郎。ほとんどの歌舞伎役者が東京に居を構えている中、上方の空気に触れ、そこで寝起きするからこそ、 本物の上方らしさが自然と身につくものと、頑なに上方にこだわり続け、上方歌舞伎の頭脳といわれるほどの研究家でもある。古稀を迎えた今年、六十余年とな る役者人生を振り返り、数々の名優たちとの芸談、さまざまな演目、役のしどころ、見どころなどを語る。 名優の誉れ高い十三代目片岡仁左衛門の次男に生まれ、上方に生き、上方らしさに徹底的にこだわり続ける役者、片岡秀太郎が初めて語る女方の真髄!

このページのトップへ

関連書籍

上方のをんな

上方のをんな

上方歌舞伎に命を捧げた役者、かく語りき。

著者:片岡 秀太郎
 
 

このページのトップへ