ホーム > お知らせ(特集ページ)

お知らせ(特集ページ)

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」

 

桃田万里子(以下・桃):これはよく周りの人に聞くのですが、福さんにとって好きなアイドルとどういう関係になることが幸せですか?

福博充(以下・福):死ぬまで、この状態のままです。チケットが当たらないので、チケットが当たって欲しい。その上で、このまま、向こうも年をとるんですけど、自分も年をとってゆく。

:そのアイドルと友達になりたいとかは?

:うーん……、どういう友達になるのかが想像できないですね。

:まあ、そうですよね。

:やっぱり「ステージの上の」その人の方が好きかな、っていうのがありました。

:女性のファンだったら妄想ラブストーリーみたいなものがありますよね。

:あ、夢には出てきますよ。家庭教師をしていました。

:私はね、文化祭で「今度、あるバンドが出る」みたいなことを言われているんだけど、そのステージまで辿り着かなくて、どこだろうと探していたら、楽屋みたいなところにバタッと当たって、そこにちょうど東方神起がいた、みたいな。ああ~~!!すいません!と出て行こうとしたら「いや、1曲歌ってあげるから、聴いていってよ」って言われて「ええ!いいんですか?!」みたいな夢なら、見たことあります。

一同:(笑)。

:何でそういうことを聞くかというと、たまたま私のお友達で、仕事関係で彼らを知っている方がいて「万里子さん、2人に会いたい?」って聞かれたことがあったんです。それは会いたいですよね。でも、会ったら私は幸せだろうか?とすごい考えた。自分が会いたいユノとチャンミンって何なんだろう?ってすごい思ったんですね。結婚したいとか、彼氏になりたいとか、そういうわけじゃない。現実問題としてどうしたいのか、すごい考えてみたら、彼らのパフォーマンスを特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんですよ。

:まったく同じです。

:ですよね。つまり私はファンでありたいんだ、と。そのときから自分の立ち位置がハッキリしたというか。私は彼らの仕事仲間になりたいわけでもないし、友達でもないし、彼女でもないけど、友達や彼女では絶対出来ない仕事がある。ファンしか出来ない、観客しかできない仕事があって、それは〝眼差す〟こと、聴くこと。観客がいなかったらパフォーマンスする意味がないわけじゃないですか。誰もいないステージで、踊ることほど、ミジメなものはないし、誰にも〝眼差さ〟れないとわかっているところで、歌えないし、踊れないじゃないですか。そういうことがすごくハッキリ見えてきて、じゃあその特等席に座るときのために、ファンをやっていこうと思った。

さっきジャニーズJr.のお話で、見守って育てていく、人によってはそれが完了するところで卒業していくというのがあるんだけれど、それに対して、私は東方神起のファンだからなのか、アーティストとして見ているからか、成長じゃなくて東方神起の〝終わり〟を見たいんです。最後のステージを見たい。

「読んで」いるんです。小説は終わらないと、どんな物語だったか分からないじゃないですか。福さんって、やっぱり〝眼差して〟いるんですよね。見ているんです。私は〝読んで〟いる。すごく。私が文学の研究というフィールドで、読むことをやってきたから、彼らのことを読んじゃうのかもしれないんですけど。それを石井さんに言った時に、「これから第三幕が始まるのに、終わりを見たいなんて、なんてこと言うんですか?!」と窘められたんですよ。私、湿っぽいことを言ったのではなく、やっぱり「読んで」いるから終わりが知りたいんです。

:私の〝終わり〟は、ジャニーさんがいなくなった時。メリーさんも大きいと思うんですけど、ジャニーさんがいなくなったらショックは大きいと思います。そのアフター喜多川を見ることができるか自信がないです。新しいジャニーさんみたいな人がJr.を選び続けるとしても、果たしてそれでジャニーズと言えるかどうかはちょっと……、私が好きなのは、じつはこのジャニーズ事務所という体制なのかもしれない。だからジャニーさんはいつまでも君臨して欲しいという思いがあります。ご本人は多分、最後までJr.を探し続けると思う。

:私はイ・スマンさんがいなくなっても泣きません(笑)。私は自分が何を見ているのか、彼らのステージに何を見、何に感動しているのか、終わらないと語れないと思うんですよね。東方神起はある意味、1回区切りが来ていて、それが例えばツアー『WITH』だった。一体感があってという話を書いたんですけど、あ、これだ、というものがやはり最後に来るんですよ。集大成が。彼らだって、これで2年間休むということがわかっていた。ある意味、擬似終わり体験ですよね。その終わりの日が、本当に来る瞬間を見たい。私は何を読んでいたのだ?っていうことを知りたい。最後のステージというものがあるとして、きっとその時に、初めて私はこれを見たくて来ていたんだろうな、と分かる気がする。




次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

8回■見られることに慣れていない私たち

 

編集部・石井(以下・石):直近でいいますと、どういうファン活動をしていきたいと思いますか。

福博充(以下・福):今年はJr.へファンレターを出すことが目標です。相手も決まっていて、中身も出来ています。素晴らしいパフォーマンスをありがとうございます、から始まって、こう書くともう決めている。あとは、いつ、どうやって出すか? 列に並んで渡すか? 舞台へ行ったときにお手紙ボックスというのがあるのでそこへ入れるか? 返信用のハガキを一緒に入れると返ってくることもあるぞうで、それを貰いたい。貰ってどうするんだ?という話ですけど。ただ、相手は最近注目し始めたJr.で、古くから応援しているJr.には書けないんですよ。

桃田万里子(以下・桃):何ででしょうかね? 思いが積もりすぎて……。

:っていうか、今更何を書いていいかわからない。

:東方神起はサイン会かな。話すことができるらしいんですけど、いつも友達とサイン会で何を話すかという話題になります。

:ひと言?

:経験者の話ではちょっとやり取りができるらしいです。オフ会で「会えたら何を話しますか?」というのを、最初の挨拶のときに話してもらっているのですが、福さんなら何を言います?

:私は、実際に行ったことがあります。すごくいろいろ考えて行ったんですけど、結局何も言えませんでした。詰まっちゃって……感無量で……、ホントにひと言くらい。

:私もたぶん言えないと思う。兵役期間中に開催された展示会では、二人へ書いた手紙を入れるタイムカプセルがあったんですよ。その時も何を書こうか、書けばいいんだろうか、と友達とずっと考えていましたが、好きすぎて何も思いつかない。「歌ってて―」とか、なんか俳句みたいになってきちゃって――。

:「応援しています」では、ダメですか?

:ダメです。それじゃ、ありきたりです。

:ありきたりでいいじゃないですか。

:ダメです。そんな100万通りと同じ言葉。だから私は「あなたが私の人生の歌」と書きました。

:あ、格好いい。

:そういうところ、すごく格好つけちゃうんですよ、人文だから(笑)!太宰治だから(笑)! あとでそういうところで、格好つけた自分を後悔する。さっきの石井さんみたいに、シンプルな一言で終われる人が、うらやましくなる。無駄をそぎ落としているなぁみたいな気がします。自分は過剰なので。

:AKBや坂道グループは握手会をやっているじゃないですか。握手券一枚で三秒です。初めての人は、何も言えなかったという人もいますけど、面と向かうと大体「応援しています」で終わりますよ。あなたが私のどうのこうの、なんて――、

:面と向かったら言えないですよねぇ。初めてファンミに行った時に、一列目という神席が当たってしまって、通路を二人が歩いてきたことがあったんです。どうしよ、来る、来る!と思ったら怖くなってしまって。周りのファンも来ると思ってなくて、狂喜乱舞している。すごかったんですよ。屈強の男たちがレーンを押さえているんだけど、私たちの圧がウオオオーみたいな。私たちにとって人生で一生忘れられない幸せな瞬間だったけど、向こうにしてみたら気圧される瞬間だと思ったら、ちょっと見られなくなっちゃった(笑)。チャンミンのスーツの編み目を見ていました。新品だなって。チャンミンはサッと行っちゃったんですけど、ユノはサービスが良くて、近くにずっといた。「早く行ってよ!」って(笑)。で、行っちゃったら、その背中を安心して見られるという。

:それはそうでしょうね。

:でも、後ろの人がものすごい押してくる。限界。本当に、私が一列目になるんじゃなかった。本当にすみません、って心の中で思いました。でも、この一列目も譲りたくない(笑)。

:私はそこまで近くで見たことはないですけど、見ている自分がDVDに写ってしまったことがあります。その時に、本当に魂を抜かれている顔って、こういうものだ、と思いました。自分って、こんなに気持ち悪い顔をして見ていたんだって、ちょっと引いた(笑)。アレっていつも?って友達に聞いたら「常に」って言われました。あと、近づいて来れば来るほど青ざめているよって。メデューサ見た、みたいになっているよって。自分ではそのつもりないんですよ。ハアア……って感動しているつもりなんですけど。人から見るとただ固まっている石。

:そういうの、研究対象にできないんですかね? 眼差す者が〝眼差される〟という転回が起きたら、本当にメデューサに見られたように固まってしまう。それはすごい象徴的なことじゃないですか。じゃあ、私たちは一体何を眼差そうとしているんだろう、眼差すことで何をしているんだ? それが研究論文になるんじゃないか。

:哲学的な論文になりそうですね。

:それは福さんの専門ではない?

:そうですね。それを突き詰めてゆくと、別にJでなくてもいいかもしれない。ということになると、もうちょっと違うアプローチになるかなという気がします。それこそ制度の問題、例えば、なぜここまでJが力を持ったのかというと、日本のメディア状況、他の国にはない特殊な5大ネットワークというものがあると考えている。国民的な統一性が作りやすい背景があるのではないか、といった方が、私の関心かもしれません。その中で作られてゆくものを見る快楽ですね。

:私がね、福さんの本を読みながら、次の自分が考えて行くときのネタというか、テーマにしようと思ったのは、SMが作ろうとしているアイドル像と、ジャニーズが作ろうとしているアイドル像の何が違うのかな、ということです。重なっている部分はありますよね?

:あります。

:ジャニーズの育成システムはSMが参考にしたという歴史もありますから、重なっていておかしくない。でも、コアなファンになるほどジャニーさんをリスペクトしてゆくのとは反対に、我々はどんどん会社嫌いになって行くみたいな。やはり目指されているアイドル像が違うんだと思うんです。

:アーティストはサブジェクト(主体)が確実にないといけないですよね。私の方は、それはたしかに主体だけど、総合芸術のひとつなんだよ、という。置かれた場所、与えられもので、自分なりになんとか頑張ろうとしている。その、もがく姿が、好き。

:もがく姿(笑)。言っちゃいましたね。

:最近、語彙が少なくなってきて、とりあえず最後に、好きって(笑)。



次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。


  

9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

 

編集部・石井(以下・石):福さんはライブから入っていますからね。本書でも、Jに堕ちたのは嵐のライブでキラキラを感じたときからですよね。

福博充(以下・福):翔くんです。

桃田万里子(以下・桃):このキラキラってなんですか?

:曖昧です。たぶんそれは永遠のテーマになると思う。事務所担当みたいになってしまっているので、みんなに感じるんですけど。

:ジャニーズにしかないキラキラというのは何ですか?

:ひとつです。ジャニーズという体制の中にいるか、いないか。

:その体制とはなんですか?

:ジャニーさんがいるこの世界です。

:やっぱりジャニーさんが何か、ということを読まないとダメですね。

:そうです。断片的なインタビューや履歴を書いた記事はたくさんあるんですが、もう少し違う視点から統合していかないと。J自体も、秘すれば花じゃないですけど、まず、始まりが密室の中になっているし。(メディアへの)情報コントロールなども含めて、そこが魅力です。

:社会学的なアプローチが出来そうですね。私、花街の歴史が好きですけど、吉原も、虚構の世界ですよね。そこにものすごいお金をかけて壮大な虚構を創り上げていく。例えば置屋が、歌や所作の教養を花魁に教え込んでいくことで、客よりも遊女の方が位が上になるという、壮大な虚構をみんなで遊びながらするわけですよね。いろいろなことがお金に化けてゆく。座っても何両かかるとか。決まりがあっていきなりは会えないんだとか、システム化されているじゃないですか。ジャニーズもそうしたものの延長線上にあるのかなぁと。

:あとはディズニーランドですね。ファンが重なるんです。歌舞伎ファンも多いですね。共通するのは型があること、あと〝騙され〟に行くこと。

:舞台裏を見てはダメなんですね。そこが語ってはいけないという話につながってくるわけですね。

:スキャンダルも、いくら真実を追おうとも、それは別に週刊誌がジャーナリズムとして追ってもいいのですが、ただ私、それが合わなくなってきたのが、真実を暴いたところで、一体何が出てくるのか、ということを私は思うのです。虚構を暴いても、虚構は虚構のままあり続ける時もある。じゃあ、何が真実かと言うと、私が見ているものなので。もしスキャンダル通りだったとしても……。

:分かります。もし、ミッキーマウスの被り物をとって、この人がミッキーでした、と言ったところで、ミッキーは存在しますからね。だから?っていう話ですよね。

:頑張ってらっしゃったのね、という話にしかならない。お疲れ様です!と(笑)。

:そう考えると、SMが作っているものは虚構ではないのかもしれないです。『I AM.』という映画があります。

:本書にも、最後あたりに出てきましたね。

:はい。SMのドキュメンタリー映画です。その中ではいつも『I AM.』というタイトルが出てくる。例えば「I.AM ユノ」。僕は歌手でダンスをやっていて、こういう夢を見て、とユノが紹介される。他のアーティストも出てくる。私は少女時代のテヒョンです、私はこの名前をみんなに知ってほしかった、今、夢がかなってすごい幸せ、とか。I.AM、I.AM、私は何何です~、と言ってゆくというドキュメンタリー映画です。夢を叶える若者たちみたいな感じで、そのIは、少なくとも虚構のコーティングはされていない。虚構なのかもしれないですけど、私たちは本物として受け止めなければいけないというか。だから、もしディズニーランドで中に入っている人がおじさんだったと暴いてしまったら、ん?となると思う。

:騙していたと(笑)。こんな話があります。某学者の方がいます。私の友人は東方神起と言えば、その方のエピソードを思い出すというんです。その方が某学者の先生へ東方神起のことを言ったら、え?なんで彼らのことを知っているの?もしかしてお好きなんですか?ファンなの?と聞かれて、いや、たまたま耳にしただけです、と返したら、メール一本送るから。読んでね、と。それから来たのが東方神起に関する長文のメールだったという。今まで一通もメールをもらったことがなかったのに(笑)。そのメールを読めと。あまりにも熱がこもっていたので返信できなかった、という(笑)。

:私は、もう少し、他の人と距離感とりますよ(笑)。 私は、こう思いますけど、あなたがそう思わなくても大丈夫というのは、あります。

:それは、楽しみ方は百人百様なので。

:それでは夜もそろそろ更けてきたので、お二人がファンとしてどうして行きたいのかを――。

2人:特等席で見たい!

:即答ですね。

:そこですよ。

:それで充分です。あとは終わりが見たい。私はあるグループやアイドルではなくジャニーズ事務所の終わりかもしれないですけど、事務所が終わらなくてもジャニーさんがいなくなったときは、何かしらひとつ大きなものがあるかなというのは感じています。

:それならぜひ、今度一緒にSMの方へ行きましょう!私もジャニーズ行きたいです!

 

2018年1月某日(都内某所で)


終り

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!

 

桃田万里子(以下・桃):SMって、SHINeeにしてもEXOにしてもどこかアイドルっぽい。BIGBANGのグループが所属しているYGという事務所があるんですが、アーティスト色が強くて、自分で曲をつくって自分でプロデュースしてというグループを多く輩出しています。性格的には尖っている人たちが多くて、コントロールされたというイメージはあまりない人たちです。ヴィジュアル的にも少し隙がある。それに対してSMの人たちは、あまり敵を作らないような言動を心がけているというか。礼儀正しさ、とか。どこか日本人好みなんですよ。「はにかむ」みたいな感じがすごくある。それが特徴かなと。「教育に力を入れている」ってしょっちゅう言っているんですけど、そういうコントロールされて育った的な感じ。

福博充(以下・福):ご著書は、最初は東方神起のアーティスト的な一面から始まっています。歌が上手とか。ああ、東方神起はアーティストなんだと思って、読んでいったら、最後あたりで、スタッフとダンサーによるステージ演出、裏方の話が出てきた。それで、ここはジャニーズと同じように総合芸術だ、と。ステージに立つ人とオーディエンス、そして事務所という三層構造がある。アーティストであると同時に、総合芸術という側面が東方神起にもあるのかな、と思いました。お伺いするにYGの方はどちらかというと〝オレオレ〟系で、何するにしても主体的にオレらが決めるんだ、と。でも東方神起の方ですと、SMという事務所の存在が絶対に外せない、オーディエンスというファンも欠かせない。そういうところは、私はけっこう好きです。

:なんでしょうね? 自分が関わるからですかね?

:この本の最後に「与えられた場所で必死に努力する」という一文があります。私も同じことを自分の本に書いたと思います。Jr.なんて本当に明日突然いなくなる。そんなこと普通にあるし、グループなんてパッと編成されてしまって――、私はThey武道というグループが好きだったのですが、いつの間にか宇宙Six(注)になっていた! ファンの中には元・They武道派がいるんです。これは〝They保守派〟と言っているんですけど、They保守派はやはり許せない、6人なった宇宙Six。でも宇宙Sixになっちゃったんだから仕方がない。宇宙Six にしてもそこで頑張ることでいい部分が出てくる、ジャニーさんの意向かは定かではありませんが、できちゃった運命は受け入れようと。そういうファンと一緒にいます。

:私は2人が出演しているドラマを全部見たことがないんです。ドラマイベントにも行きますけど、見ていないのでクイズも正解できず。外れても悔しくないし、当たっても嬉しくないし、ごめんなさい、本当に私、ここに来るべき人じゃない、と思いながら来ている。やっぱり私は「東方神起」が好きなんです。アーティストだけど、SM、スタッフ、私たちファンがつくっているその総合芸術みたいなものを愛しているんだろうな、と思う。与えられた場所で懸命に、っていう、私もたぶんそれが好きなんですよ。グループの中で何ができるのかとか、化学反応みたいなものを見たい。

 

【註】

宇宙Six:2016年発表されたジャニーズJr.ユニット。江田剛、山本亮太、林翔太、目黒蓮、原嘉孝、松本幸大の6人からなる。半数は元ジャニーズJr.ユニット「They武道」のメンバーだった。




次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている

 

編集部・石井(以下・石):福さんはJr.を見ていらっしゃるじゃないですか。

福博充(以下・福):はい。

:Jr.を見る人って、ジャニー喜多川という存在が大きいんですよ。ジャニー喜多川の視線というものを、ものすごく意識されています。ジャニー喜多川とJr.ファンのシンクロ率はすごい感じるんですけど、SMは、例えばイ・スマンさんの眼差しというか、思想というか、愛し方というのに対してファンは――。

桃田万里子(以下・桃):むしろ批判的ですよね。

:愛情があって、ではなくて?

:なくて。私、自分でブログ書いていてすごく思うんですけど、これだけ所属事務所のことを厳しく言うファンって、いるんだろうか?って……。

:あんまり周りからはジャニーさんの悪口みたいなのは聞かないですね。

:いろいろな疑惑もあるし、みんな知っているんですけど、Jr.ファンの中で悪く言う人はいないんですよ。

:メリーさんに対しても、ジュリーさんに対しても。たしかに賛否両論はありますが……。

:基本的に好きですよね。

:ジャニーさんの目線はいつも話題になります。例えば舞台を見た後に。言葉は悪いかもしれませんが、ジャニーさんそろそろ終わりを悟っているんじゃないのかって。いや最近の舞台はジャニーさんの回想になっちゃっているんですよ! 〝平和主義〟的なテーマが露骨すぎて、これ、ジャニーさんが見たい思い出の世界を見せられているだけじゃない?って(笑)。そういうふうに同一視、アイデンティファイはしちゃっているかもしれない。

:だからこそ、ループに陥るというか。

:だって、ジャニーさんが新しいのをどんどん送り込んでくるから――。

:ジャニーさんと、アイドルと、ファンの三位一体であの舞台が成り立っているという特殊性があるわけですよね。

:「独裁」っていうのはこうやって生まれるんだろうなって思います。上から下まで秩序立つという。

:日本の芸能って、歌舞伎も含めて見てもそうだけど、まだ芽の出ていない役者に目をかけて自分が育てていくみたいな、あれがもともと素地として私たちの国に根付いているんですかね。だとしてSMの場合、イ・スマンさんをリスペクトするかというと……。

:その辺、不思議ですよね。

:事務所を企業として見ちゃっているんでしょうか?

:何に似ているかと思ったら、花魁と置屋みたいなものですよね。花魁は置屋の商品でもあるけど、一方で、置屋の被害者でもある。置屋がやってくれているから自分は会いに行けるけれど、その花魁を苦しめ、搾取しているのは置屋の主人。そういうふうに見ているのかなぁという感覚はあります。

:それはジャニーズファンにもあるかもしれないですね。昔、ニノ(二宮和也)が点滴を打ちながら活動していた、ということが明らかになった時に、嵐ファンの人は事務所を批判しました。けど、ジャニーさんではなかった。東方神起の場合、イ・スマンまで行きますか? 「SM」というと、あの顔が浮かぶんですか?

:やっぱりエイベックスじゃなければ、〝あいつ〟ですよね。スマンさんですね。

:浮かんじゃうんですね(笑)。

:うーん。

:去年の紅白で、欅坂46のメンバーが何人か本番中に倒れましたよね。で、ある人から、秋元康の名前が出てきたんですよ。秋元康が働かせすぎだから、と。私、その発想がなかったんですよ。ああ、そうか、言われてみればそうよね……と。

:私はわりと福さん寄りです。ものすごい初期費用をかけて、あれだけ訓練して、完成品にするまでどれだけ大変だったかということを考えると。結局、東方神起のメンバーを見出してくれたのもイ・スマンさんですよね?

:ですよねぇ。チャンミンもよくそう言う。

:イ・スマンさんを尊敬するような文化だったら、『SMTOWN』出演のアーティストを皆好きになるのかなぁと。

:そうかもしれませんね。でも、アーティスティックな面がどこかで前面に出ているがゆえに、繋がらないのかもしれません。アイドル半分、アーティスト半分で、けっこう個の部分が強いと思うんです。ユノやチャンミンの素晴らしさは、ユノ個人、チャンミン個人の素晴らしさであって、決してイ・スマンがプロデュースし、やったもんじゃないんだっていう考え方があるんでしょうね。エイベックスも、エイベ糞と書くことがあるんですよね。「糞が最悪のグッズ出しやがって」と書いている人が……。私は書いてませんよ(笑)。

:面白い!

:自分がブログを始めて文字を見るようになって、あるときフッと気が付いたのが、なんかすごくない?と思って。仮にも自分の愛するアーティストが所属している会社をこう呼ぶファンっているのか、と。

:その憎しみは、どこから来るんですか?

:分裂騒動の時の対応のまずさが原因の1つではあります。でも、コアなファンになればなるほど不満が溜まっていくんですよ。

:ジャニーズは(Jr.ファンの場合)事務所になんだかんだ従うようになるのがやっぱり道理。

:私達は、アーティストを好きになればなるほど「やっぱり会社の名前がSM(サド・マゾにかけて)なだけあるよな」みたいな。事務所マジ、ひどいわー、っていう。

:ハハハハハ。

:イ・スマンのスマンを日本語翻訳してゴメン野郎とかディスる。コアなファンになるほど。「SMー♡」というような人はあまり見たことがないです。いなくはないだろうとは思いますよ。トンペンさんの知り合いで、コアなトンペンさんがいるんですけど、EXOも好きSHINeeも好きですけど、彼女も「イ・スマン嫌い」って言っていました(笑)。チャンミンが「イ・スマン先生のおかげ」と言うのを聞きたくないって。どうしてなのか、私もわからないです。

:さっきのお話だと総合芸術はプロデューサーと、ファンと、アイドルの三位一体というお話ですよね。三位の三がないですね。

:そうですけど、SMの場合、ファンの作ってゆく部分の余地が大きいんですね。ランキングチャートの応援をするためにyoutubeの再生回数を上げなければいけない、とか。いつどのタイミングでCDを購入するのか、とか。ファンの役割はすごく大きい。「チャートの1位は私たちが取らせるものだ」という思いがファンの中にあります。よく笑われるんですけど、東方神起がカムバ活動(注)を開始すると、私たちすごい忙しくなるんですよ。寝ずにずっと再生しているとか、いつCD購入すると、何週にこのチャートに入るからとか計算していたり、常にチェックしているので寝る暇がない。深夜のコンビニで買い物していて、近所の人と会って、大丈夫? 目の下にクマがあるよ? と心配されたこともあります。

共同購入(注)のくだりはビックリしました、ジャニーズは、初回限定盤を始め3タイプくらい出すこともあるので、個々に全タイプ買うとか、保存版と2枚買うというのはあるのですが、みんなで分担して共同で買うというのは、すごいですよね。それがランキングに反映される。日本だと有名なランキングはオリコンぐらいしかない。

:そういうのでファンが働く余地があるからですかね。そういう意味でファンに力があって、私たちが育てている的なものもあるかもしれませんね。でも、〝育てている〟というよりは、やっぱ、応援ですね。

:SM所属タレント同士がちょっとずらしてCDを出すというのはあるんですか?

:ありますよ。それはあまりぶつけないです。カムバは1ヶ月くらいずらします。そうじゃないと共食いになっちゃいますからね。だけど(『SMTOWN』では)自分のグループのライトの数がどれくらい多いか、ファンはいつも気にしています(笑)。『SMTOWN』はピンクのライトをつけなければいけないんですけど、みんなこっそり持ってきてしまうので。「ちょっとスーパジュニアのファンが持ってきているんだけどなにアレ、私たちはルールを守ってピンクのライトしか持ってきていないのに!」とか(笑)。逆もありますね。

:ジャニーズカウントダウンではそういうことはないですよね?

:みんな大体好きなので、誰が来ても、事務所の先輩だったり後輩だったりするので、そうしたらみんなで応援するのが礼儀でしょ、っていうのはありますね。ただ座っている人はいます。そういう時、少なくとも私の周りは、みんなイラっとする(笑)。

 

【註】

カムバ活動:韓国では、アーティストは、年に一枚程度アルバムをリリースすることが多い。この約一年ぶりのリリースをカムバック(カムバ)という。カムバすると3ヶ月ほど音楽番組をメインに出演する。

共同購入:ファンが共同で、チャート集計店で一括して買うファン活動のひとつ。チャートを押し上げることを目的としている。




次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)

「この間、同じこと言われました(笑)」(福)

 

桃田万里子(以下・桃):ちょっと笑っちゃったのが、皆さんが『タッキー&翼』のDVDを見ていたときに「ヒー、孕むね、これは!」みたいなことを言っているシーン。

福博充(以下・福):今でも言いますね、今は二十の子を応援していて「二十歳の男ができた」って普通に言う友人もいます。

:「ちょっと実感できるレベルを超えている」と書かれているじゃないですか。それは東方神起でも、セクシーな(時があると)私、受胎したかも、みたいなことは言うわけですよ。それはまぁ、分かるんですね。それは私たちが異性だから見ているときにどこか理想の異性像として見ていると思うんです。恋愛的な要素を含めつつ見ているからだと。でも、私、椎名林檎やBOAちゃんがすごい好きなんだけど、私が彼女たちを見ているときに、男性ファンが何て言っていただろうか、と置き換えてみようとするんですけど、よく分からない。福さんは、ああいうふうになりたいと思ってアイドル(Jr.)を見ているんですか? それともお父さん目線みたいな感じですか。

:昔はなかったですけど、今はそうですね、例えば東京B少年のJr.とかだと〝は~、大きな子に育ってほしいな〟っていう期待を胸に――。

:可愛いなと思って見ている。

:いわゆる王道、約束された、プロミッシングみたいな扱いを受けるJr.というのは関東であれ、関西であれ、いるんですね。それが大きくなったのがSexyZoneの中島健人。山田涼介もそうでしょう。いわゆるこれが王道。例えば関西だと西畑大吾とか大西流星、そのあたりはわかる。ただ、私自身はそこには興味がないんです。王道路線でないけど必要な人たち、というのを見たいんです。

:必要って、何に必要なんでしょう?

:王道派を残すためかもしれない。Jは中心の王道派がいないとダメなんですよ。とにかく王道の文化を残す。この王道派と傍流派の相互補完関係が好きです。名脇役。その名脇役の方が私は好きですね。例えばダンスをそつなく踊る人はダメなんです。ある部分がすごく過剰であったり、それダメじゃない?というほど目立っていると、あの子、名前なんていうんだっけって、目に止まる。

:〝見たい〟んですね。私も、見ることは見るんですけど、私、東方神起のライブ、けっこう目を閉じて見るんです。双眼鏡を持って行ったことは1回もないんです。

:ええ!! どんなに近くてもほぼいつも持っていますよ!

:すげえプレミアムシートで、メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――。

:この間、同じこと言われました(笑)。

:深すぎる。私、あえて目を閉じて耳だけで聞くのが好きです。〝見る〟じゃないくて〝聞く〟。福さんの本は、曲の話が出てこないし(笑)、歌詞の話も出てこない(笑)。ステージの話も出てこないなぁって……読んでいて気づいたんです。

:その曲を〝歌う人たち〟を見ているので。

:ですよね。私が東方神起ファンのスタンダードって訳ではないですが、これを読んでいて何か違和感があると思ったら、音楽の話が1回も出てきていないぞって思ったんです。

編集部・石井(以下・石):声の話も出てこないですね。

:何年何月にこのCDが発売されて、この曲の何が良いというのも出てこない。それがたぶん、アイドルなんだって思ったんです。そうなるとCDがグッズ化するだろうなと。音楽もグッズ。アイドルの存在ありきで。その人の存在を賞味するためにダンスや音楽があるので、これがアイドルなんだろうなと。アーティストとして見ると、やっぱり音楽やダンスは絶対欠かせなくなってくる、と。私、音楽のことメッチャ書きますからね。

:もちろんそういう見方をしている、ちゃんとしたファンもいらっしゃいます。とくにグループのファンはそれが強いかもしれない。1枚ずつCDがリリースされるじゃないですか。でも私はまったく、そういう見方をしていないですね。




次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?

 

福博充(以下・福):東方神起のPVを見ました。聞いたことのある曲だと、けっこう懐かしいところもあって……。私はどうしても〝後ろ〟を見てしまうのですが、Jr.みたいのが出てくる時があって、あれは誰ですか? 本書にはバックダンサーって書いてあったんですけど、あれもSMの次世代のアイドルですか?

桃田万里子(以下・桃):違います。

:SM所属のバックダンサーなんですか? グループ名はないのですか?

:ないです。

:私はどうしても気になってしまいます。この中でいい子は?というふうに……。

:バックダンサーさんでも有名な人がいますが。私たちが勝手に〝アマノ君〟と呼んでいる、韓国人のダンサーさんなんか、みんなすごい知っている。アマノはユノに近づきすぎだよね。とか、本当はこの時チャンミンの方を見なきゃいけないのに、ユノのことばかり見ていたとか。

:そこからダンサーのファンになるとかは?

:ないです。韓国のダンサーさんはそういうヴィジュアルでもないので……。

:踊っているところが好き、みたいな感情は?

:ないと思いますねぇ……。強いて言うなら、日本の東方ダンサーズの皆さんは応援しているし、愛していると思いますけど。うーん、でもどうだろう……?

ジャニーズってジャニヲタがいるじゃないですか。この本を読んでいて、ジャニヲタって、「究極的には、ジャニーズJr.を愛せる人たちなんだ」と思ったんですよ。〝ジャニーズの文法〟の中で、アイドルとなってゆくべき人たちがいて、それを応援していく。本書の中に登場する皆さんもそうですよね。まだアイドルとして認められていないところから育てていく。成長ストーリーを追いかけてゆくわけですよね。

:追いかけながら、また新しいJr.が出てくるので、気になるとまた堕ちて行くんです。永遠のループです。

:福さんが、その〝映り込みの快楽〟(注)に目覚めた、というところを読んだ時、アイドルって〝眼差される人たち〟なんだと思ったんです。眼差しを受ける、〝眼差される〟ことを目的としている。でも、見ている自分を相手から見られると恥ずかしい、みっともないからイヤという部分があるじゃないですか。

:はい。

:それはすごいよくわかるんですよ。私もユノやチャンミンを見るんですけど、見られたら、タオルで自分を隠す、みたいな。自分は見たいけど、見られたくない、みたいな。「見る」って何かというと、自分は世界の外側にいて、解釈する側でいたいという欲望だと思うんです。〝眼差し〟ていたくて、それを究極に追い詰めていくと、舞台にせよ、テレビにせよ、誰かが既に「こう〝眼差し〟てほしい」と思っている世界じゃなくて「自分が見つけたい」と思うわけですよね。そうすると〝映り込み〟に目覚めてゆく。本来、誰かが意図して企画した〝眼差される〟世界ではなく、自分が〝眼差し〟ている子を見ているわけですよね。

:そうです。そしてそれが今だと同じところを見ている人がいる。それがすぐツイッターでわかるのが嬉しいです。同じところ見ていた!って。そこでまた仲間になる。

:一緒に、見て、育てていく。私は、これがジャニヲタなんだろうなって思いました。

:コアな層ですけど……。

:でも、究極の理想は、発見し、育てるということですよね。これは少なくともKPOPの世界にはないと思うんですよ。ここ数年の『SMTOWN』を見ていると、東方神起の出番が減っていてやっぱり新陳代謝を起こしたいんですね。でも、上手くはいっていない。SMのファンはジャニーズのようにジャニーズJr.を愛でて、成長して、育てて、ということが文化としては根付いていない。KPOPの世界は最初から完成したものをみせるのであってね。

今、SMで、NCT(注)という一番若い男の子のグループがいるんですね。デビュー前から『SMTOWN』に前座的に出る感じで露出が始まって。ああ、SMがついにジャニーズJr.のようなことをやりだしたんだな、と思って見ていたんです。それはある程度成功しているけど、SM ROOKIESみたいブランドというか、そういう文化が育っているかというと、そうでもない。

:ジャニーズJr.は小さなグループがたくさんあるというのが、ひとつ特徴です。NCTの下にNCT〝A〟、NCT〝B〟みたいのがいるんですか?

:下ではないです。NCT内にNCTDreamとか、アジアで活動するのはNCT127がいる、みたいな感じです。韓国の場合、そういうのがけっこうあって、SUPERAJUNIORだったら、韓国で活動するのはこのメンバーだけど、中国にはSUPERAJUNIOR -M になる、そういう感じです。でも、メンバーは流動的ではない。

 

【註】

映り込みの快楽:歌番組などでメインで歌っている歌手のカット割に周りで踊る人などが入り込んでくることを映り込みと言う。それらを見つけ、観察することが快楽になる。

NCT:2016年にデビューした新人ボーイズグループ。 これまでのグループとは違って、メンバーが固定されないシステムを取り入れている。




次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。

 


  

2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。

 

桃田万里子(以下・桃):私と石井さんのやり取りを友達に話すと、笑うんですよね。憶えていますか? 私たちが、二人が兵役に行く日をいつ、どうして知ったのか?という。

編集部・石井(以下・石):ああ、はい。

:「東方神起のファンは2人が何日に行って何日に帰るって、みんな知っているけれども、どうやって知ったんですか?」と。「いつの間にか知っていた」と答えたら「そんなわけないでしょう?」と。

福博充(以下・福):確かに、最初「(入隊日は)公開しなかった」って書かれていて、あとで「7月21日」って書かれていて――、

:普通、そう思いますよね。

:私たちそれが当たり前になっているので、全然気づかなくて。LINEでみんなに聞くわけですよ、「確認したいんだけど、私たちどうして(2人の入隊や除隊の)日にちのこと知っていたんだろう?」って。ユノは「非公式にする」って言っていたよね? でも皆から「何で知ってたかわからない」って返ってくるんですよ。「石井さん、みんな知らないって言うんですが……」「なわけないでしょ!」って。

:普通はそう思いますよね。

:そう思いました(笑)。

:「ブログで知ったかも……」と答えたら、「じゃあ、どのブログで、そのブロガーさんは何で知ったのですか? 非公開と言われているのに情報が出ておかしいと思わないんですか?」「〝あと何日〟とカウントダウンしているブログまである。何で、ですか?」と畳み込まれて、韓国だからかなぁ、みたいな――。

:トンペンの方って、どこからか回ってきた情報をソースを気にせずに受け入れているところがあって、しかもそれで成り立っているんですよ。

:最初から玉石混合と思っているところがありますよね。違っていることもあるんですけど、それも韓国だからね、と思っちゃう。

あとは5人で活動していた時に、リーダーのユノがアクシデントで音楽番組に出演できないことがありました。その時、ユノの代わりに仮面をつけた男が踊ったんです。それを打ち合わせで話したら「おかしいと思わなかったの?」と、石井さんが言うわけですよ。

:SMAPで例えれば、香取君が抜けたときに、なんの説明もなく、知らない人が仮面をつけてそのフォーメーションに加わって楽曲を披露しているんですよ?

:仮面は『滝沢演舞場』などでしか見たことがないですね。

:私たちはそう思わないんですよ。「ユノがいないからなぁ……(泣)」と思って見ている。「おかしいでしょ?」と言われても……、「じゃあ、香取君の替わりに仮面の男が踊っていたらどう思いますか?」と言われたら……。あーそうかな?って。そこでようやくおかしさに気づく(笑)。

:何か非常におかしいですよね。

:それもトンペンの友達と話したんだけど、仮面男がいても、東方神起ならおかしいと思わないと……。

:それは、何故ですか?

:たぶん「韓国だから」と思っているんですよ。異文化だから、なんでもあるっしょ、と。

:ずいぶん大雑把な処理の仕方ですね。

:あとやっぱりアイドル、アーティストの「精製」の仕方が、ジャニーズや日本のアイドル、アーティストとどこか違うと思います。




次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ

日産スタジアム3daysが発表されるなど前人未到の領域を進む東方神起。
King & Princeがデビューするなど大きな変化があったジャニーズ事務所。
それぞれの熱心なファンである両者が、ファンとは何か?を語る、
ちょっとアカデミックな異色対談です。

目次

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」
第2回■KPOPは、どこかで「異文化だからなんでもある」と思っていました。
第3回■究極のジャニヲタは、ジャニーズJr.を愛せる人たち?
第4回■私たちは「置かれた場所で咲きなさい」が好き!
第5回■アイドルと事務所は、花魁と置屋の関係に似ている
第6回■「メッチャ近いのにまだ双眼鏡で覗く人がいて、欲が深いと――」(桃田)
         「この間、同じこと言われました(笑)」(福)
第7回■「特等席で見られる、これが幸せな瞬間なんだと気づいたんです」
第8回■見られることに慣れていない私たち
第9回■ジャニーズの虚構とSMの虚構

【福博充(ふくひろみつ)】
東京大学大学院総合文化研究科「多文化共生・総合人間学プログラム」勤務。嵐の櫻井翔を見てジャニヲタの道へ。現在はJr.坦。男でありながらジャニーズにハマってゆく気持ちを『東大院生、僕、ジャニ男タです!』(2014年/小社刊)に記した。

 【桃田万里子(とうだまりこ)】
近代日本文学専攻。大学の非常勤講師をつとめた後、現在は別の仕事に従事。『東方神起 ユニゾンの瞬間』(2017年/小社刊)がある。


  

第1回■両ファンクラブに見る「自主」と「管理」

 

編集部・石井(以下・石):福さんが本を出された頃は東大院生でしたよね。

福博充(以下・福):はい、この本を出した後に退学しまして、それからは学生ではないです。

:桃田さんは今は別の仕事をされていますが、もともとお二人とも研究をされていて――、

桃田万里子(以下・桃):そうです。私、大学院のドクターまで行って中退したんですけど、福さんもお分かりいただけるかなと思うんですけど、この分野、本当に食えなくてですね。

:はい、人文ですかね。

:結局、今の勤め先に落ち着いて、文学で論文を書く機会は減ってしまったんですけど、まだあわよくば1発と思っていますが。

:文学を専門とされる先生方とは一緒にお仕事するんですけど、お話が面白いです。

:変った方が多いんじゃないですか? 自分も変なんですけど(笑)。でも、研究の手法が、今は東方神起を見る中に生かされていると思うんです。

ところでさっそくお伺いしたいのですが、ジャニーズの場合、ファンクラブはもともと有志で運営されていて、今はジャニーズという会社組織の中に入っていますよね。その中から個別のグループに別れていくんですか?

:そうです。例えば嵐は嵐だけのファンクラブがあってそこに登録する。

:そうすると「ジャニーズファミリークラブ」の会員になっても、例えば嵐のチケットは取れるけどKinki Kidsは取れない?

:はい。グループ毎になります。ただちょっと複雑ですけど、Jr.のファン倶楽部(ジャニーズジュニア情報局)だと、Jr.が誰か一人でも出れば、その枠は応募することができます。

:本書の中でオリキ(注)という立場の人が出てくるじゃないですか。ファンクラブが会社組織に組み込まれた今でもまだ、いらっしゃるんですか?

:います。

:例えば東方神起だったら、インターネットの中にファンが活動する場所を持っているんですよ。チームで運営していてファンカフェの主催者だったりする。自主的な組織ですね。韓国の情報も、日本の情報も、どこよりも早く教えてくれる。韓国のランキングを応援したければここから入ってこうしてこうして、みたいなのも全部教えてくれる。なので、みんなよりもちょっと上っぽく見える。

:アドミニストレーター(管理者)的な?

:そうですね。そんな感じです。で、そういうのを嫌う人もいますから、叩かれたりしますけど、あくまでも自主的な感じ。韓国だと、ファンクラブ「カシオペア」がすごい力を持っていて、SMも、たぶんジャニーズの初期に似ていると思うんですけど、カシオペアと連携を取っていると思うんですよね。その中に入ってハブにされないようにしないと、いつどこで何をやるかもわからないし、有力な情報をもらえないというところがあるんだと思うんです。

:Jファンによる自主的なクラブはあるとは思いますけど、実際に私の活動現場のJr.では、舞台へ行ったときに出待ちの行列の整列係がいるんですけど、その係になれる人は限られています。ファンの中でも〝強い人〟の一人です。

:ファンはみんな(事務所に指名されるような)そういうファンになりたいんですか?

:トップのアイドルに渡す係になりたいと願う人はいると思います。

:どうしたらそうなれるんですか?

:まず何度も何度も現場へ通い、その〝強い人〟に顔を憶えてもらう。その人だってできないときもあるので、その代わりに、みたいなことになってくる。その上にはトップオブザトップ、もっと〝強い〟人がいて、そこに面通しをしてもらって位が上がってゆく。今もまだそうした体制が続いていると思いますね。ピラミッド型です。つまりコントロールされるということですね。

:ジャニーズは画像も自由に使えないですよね?

:最近は少しずつ方針をゆるめていますが、簡単には使えないです。目立ちすぎるのもダメ、批判もダメ。だけどある程度黙認はされている。

:その窮屈さからか、けっこうKPOPに流れているんじゃないかという気がしていて。KPOPはそういうの、何でもありじゃないですか。著作権・肖像権がほとんど意識されない世界だから、バンバン盗撮が行われている。ファンサイトが写真集を発売しちゃうんですよ。

:そうなんですか。値段は公式と比べるとどうなんですか?

:値段はそんなに変わらない。むしろ公式にはない、いい写真(笑)が多くてマニアな1冊みたい感じになっている。

:SMは何も言わない?

:言わないです。私自身は買ったことはないですが、そんなあなたもファンサイトさんが撮っている画像を(ブログに)使うよね、と言われたらそうで……。その道徳的な線引きは非常に曖昧ですよね。ただ、やっぱり著作権や肖像権に対する考え方が、違うんでしょうね。むしろ全部フリーにして知ってもらって、コンサートやライブに来てもらうという考え方だから。

:韓国はIT先進国でもありますからね。

:そうですね。そういう環境がすでに整っていたということもあると思う。

 

 

【註】

オリキ:〝力(リキ)の入った追っかけ〟が語源といわれる。熱心なファンのこと。ジャニーズでは特定のオリキが、劇場公演などの際、出待ちをするファンの案内役、整理役になることもある。



次回続く

関連書籍はこちら

このページのトップへ